アメリカの郊外は住宅街でも結構動物がいる

POSTED BY トム

アメリカ生活

Amesma Banner

人が住んでいるところにも結構動物が出ます

ニューヨークのタイムズスクエアのど真ん中やダウンタウンなどの都会ではリス以外はさほど動物を見かけませんが、意外とそこから車で30分も走った「郊外」では結構動物が出てくるんです。

もちろん州にもよりますが、木や森が多いところでは色んな動物たちと道や公園で遭遇したりします。

blog-deer

公園のようなところに椅子と机があります。ここでお弁当を食べていたら匂いにつられて色んな動物が寄ってきました。

あらいぐま、リス、スカンク、鹿がぞろぞろやってきました。スカンクはちょっとやばいので少し警戒しましたが、あらいぐまにお肉をあげたら嬉しそうに持って木の木陰に持って行きました。しばらくすると仲間を連れてまたやってきました笑

もうあげないよと言っていたら机の上に登って来るではありませんか。なんて人に慣れた野生動物なんでしょう。

公園にいるのはまだ分かるんですが、結構普通に人が生活しているところにも堂々と出てきたりします。

blog-goose
blog-deerdeer

僕は30分も走れば都会にいけるのにこんな動物がいるところに住めるアメリカが大好きです。

WRITER

お熊

最近パパになりました子育て奮闘中32歳のお熊です。 大学生のときペンシルベニアとハワイに留学、現在アメリカで2年くらい仕事してます。 神奈川県出身の元サーファーです。今は海がないところに住んでいるので元です。。。夏はキャンプやBBQなど、冬はスノーボードをやっています。

blog-animal

アメリカの郊外は住宅街でも結構動物がいる

お友達に記事をシェア

blog-animal

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。