アメリカの通信キャリア事情

POSTED BY トム

アメリカのスマホ

Amesma Banner

アメリカの通信キャリア事情

日本の通信キャリアといえば、Docomo/AU/Softbankのビッグ3+その他ですが、アメリカも同様にビッグ4と呼ばれる通信キャリアが存在します。

blog-carriershare

最大手がVerizon、次いでAT&T、その下にT-Mobile、Sprintと続く感じです。

ビッグ4内でも差が大きい

日本では今となってはドコモ、AU、ソフトバンクの電波に違いはほとんどありませんが、広い広いアメリカでは事情が少し異なります。最大手のVerizonが圧倒的に広いエリアをカバーしており、次いでAT&Tも十分なエリアをカバーしています。実質この2社がビッグ2という感じです。T-MobileとSprintは都市部ではそこそこ使えるけど郊外は繋がらない。でも安い。そんな位置付けです。下のエリアカバーマップを見ると差は歴然ですね。

4キャリアのカバーエリア

せっかくのアメリカ生活、「全米中を旅したい、田舎の国立公園などにもどんどん行きたい!」という方はビッグ2がベストでしょう。逆に「LAやNYなどの大都会から出ることはない」という方はT-MobileやSprintも検討対象ですね!ライフスタイルに合わせて選んじゃいましょう!

WRITER

トム

北海道生まれの30歳独身ITエンジニア 2017年からアメリカ在住。やっと英語/習慣/文化に慣れてきた頃合いです。学生の頃はドイツ語を学んでいましたが、今はもう喋れません。 好きなスポーツはテニス。好きな乗り物はバイク。好きな猫はロシアンブルー。好きな国はロシア。好きなアメリカの町はサンフランシスコ。好きなドラマはBig Bang Theory。

blog-carrier-eye

アメリカの通信キャリア事情

お友達に記事をシェア

blog-carrier-eye

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。