アメリカと日本のiPhoneって違うの?アメリカでiPhoneを購入するときの注意点とは?

POSTED BY トム

アメリカのスマホ

Amesma Banner

日本で売られているiPhoneはアメリカのと違うの?!

実は日本で売られているiPhoneとアメリカで売られているiPhoneは違います。英語と日本語の違い?と思われた方も多いかもしれませんが、言語は設定から変えられますしOSやハードウェアは基本全く同じです。また日本で売られているiPhoneでも販売されているキャリア間で「モデル」が異ることもあります。例えばドコモで購入したiPhoneとソフトバンクで購入したものでは、モデルが異なるような場合です。ただ最近は日本で売られているものは基本同じモデルに統一しているようです。

ここでいうモデルはiPhone 7や8ということではありません。同じiPhone 8でも複数モデルが存在します。 このモデルはiPhoneの設定アプリから確認することができます。

設定アプリ→一般→情報→法律に基づく情報→認証

普通ここまで見る人はほとんどいませんよね。情報までは見ることはあるかもしれませんが、法律に基づく情報やその中の認証なんて間違ってもあまりたどり着かないんじゃないでしょうか。この認証の中にModel A1662のようにモデルの記載があります。またどの国で使用が許可されているかの国表示もあります。後に説明しますが、ここに日本以外で購入したiPhoneでJapanと記載がないものを日本で使用することは厳密には電波法違反となります。

blog-ninsho

モデルが違うとどう違うの?

純粋な疑問ですよね。でも答えはとても簡単です。答えは「使えないかもしれない」です。例えばアメリカで購入したiPhoneをSIMフリーにして日本に持って帰ってきてドコモのSIMを入れて使おうとします。SIMフリーなので当然どのSIMでも使えると思っていませんか?実はそれは大きな勘違いです。SIMロックとは、通信キャリア(ドコモ)がスマホ(携帯電話)本体にキャリア自身のSIMカード以外は受け付けないようにすることです。SIMロックを解除していなければ、ドコモで買ったiPhoneにソフトバンクのSIMカードをさしても使えません。元々SIMロックがかかっていない(または解除した)とどのSIMをさしてもエラーになることはないですが、そのモデルが(今回は)日本のドコモが使用している周波数帯に対応していないと電波を受信することができません。つまり携帯電話として使用することができないのです。

Appleのサイトに各モデルがどの周波数帯に対応しているかとどの国で販売されているかが載っています。

(参照)https://www.apple.com/iphone/LTE/

こちらには最新モデルから順に全てのモデルと対応周波数帯、国が記載されおります。

blog-apple supportweb

iPhone Xの一番下に日本の対応モデルの記載があります。日本で使われているモデルはA1902です。iPhone7以降の機種はどの機種も日本ではモデルは一つのようですね。アメリカですと通信キャリアによりモデルが別れている機種もあります。

1(2100 MHz), 2, 3, …とたくさん書いてあるのが、このモデルA1902が対応しているバンドと呼ばれる周波数帯のことです。たくさんあるのでもはやどれでもいけるんじゃないかと思うかもしれませんが、他の国の対応を見てみると微妙に異なります。各国の各通信キャリアが採用している周波数帯が異なりますのでモデルで分けているようです。なぜ全世界の周波数に対応した一つのモデルにしないのかは不明です。もしかすると技術的に難しいかもしれませんし、法律等別の理由があるのかもしれませんね。

先程のiPhone Xは日本では一つのモデルでドコモ、au, ソフトバンクをカバーしてましたね。前に記載した通り基本的に日本で売っているスマホ(iPhone, Android)はどこの通信キャリアでも使用できるような仕様にほとんどなっています。なので SIMフリーであれば、どの(日本の)通信キャリアでも使える、ということです。だがしかし、国をまたぐと話は変わります。また少し古い機種例えばiPhone SEを見てみると、下記のように同じモデルでも(GSM) (CDMA)と二つ記載があります。

blog-iphone SE japan model

とてもややこしいので詳しくは書きませんが、電波にはGSMとCDMAと種類があります。周波数帯とは別のもっと大元のくくりです。車の排気量2000 ccとかありますが、車かバイクで大きなくくりがあり、さらに排気量のccがありますよね。電波もそんなようなものでGSMかCDMAで違いがあり、さらに周波数で細かく別れているという具合です。

海外でiPhoneを購入するときの注意点

まず一つ目の注意点は、先の通り「使えないかもしれない」リスクがあることです。実際にはどこかのキャリアでは使えることがほとんどです。対応している周波数がたくさんありますので大抵どこかのキャリアとは合致しますが、そもそも持っているのがiPhone SEのCDMAモデルだった場合は、auのようにGSMを採用しているキャリアは全く使えません。もしアメリカ等でiPhoneを買って日本でも使おうと思っている方がいらっしゃいましたら、日本でどこのキャリアで使えるモデルなのかを意識しないといけません。ただ、この変のことはアメリカのAppleストアの店員に聞いても分からないと言われると思います。理由は、彼らは日本のキャリアがどの周波数帯を使っているかを知らないからです。iPhone自体の対応周波数はすぐ教えてくれますが、はたしてそれらが日本のキャリアと合致しているかは彼らの範疇外の領域です。ちなみにですが、アメスマでご販売しているiPhone(Verizonで扱っているiPhone)は、アメリカのAppleストアで販売しているSIMフリーモデルと全く同じものです。

二つ目の注意点は冒頭少し書きましたが、電波法違反になる可能性があるということです。モデルを調べた画面にJapanと記載がないと厳密には日本では使用してはいけない通信機器です。詳しくは別ブログ(技適マークって何?)をご覧頂ければと思いますが、日本では電波を発する機器は総務省が認可した「技適マーク」が付いていないと使用してはいけないことになっています。正直、じゃあ海外旅行者が日本の旅行用SIMカードを使ってるのは法律違反かというととても疑問ですが、一応法律上はだめなようです。ただ違法と言っても罰則もないのでぶっちゃけばれても罪にはなりません。また今まで違法で捕まったりした人もいないのでスマホに関してはあまり意味のない法律ですね。日本で購入したiPhoneには当たり前ですがちゃんとJapanとモデルのところに記載があります。

郷に行ったら郷に従え、ではないですがiPhoneもややかこしいことを考えずその国で販売している正規のものを使うのが何も心配することもなく安心ですよね。期間が短い方にとっては少し出費がかさみますが、アメスマでは安価なiPhoneがキャンペーンで出ていることもありますので是非アメリカ渡米の際にはご検討ください。また2ヶ月以内の短期滞在者向けに、買い切りのポケットWi-Fiもご販売しております。レンタルするよりお安くなりますので是非ご検討ください〜

WRITER

お熊

最近パパになりました子育て奮闘中32歳のお熊です。 大学生のときペンシルベニアとハワイに留学、現在アメリカで2年くらい仕事してます。 神奈川県出身の元サーファーです。今は海がないところに住んでいるので元です。。。夏はキャンプやBBQなど、冬はスノーボードをやっています。

blog-iphonex2

アメリカと日本のiPhoneって違うの?アメリカでiPhoneを購入するときの注意点とは?

お友達に記事をシェア

blog-iphonex2

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。