留学用にアメリカのSIMカード購入という選択肢

POSTED BY トム

アメリカのスマホ

Amesma Banner

まずは選択肢を整理しよう

アメリカ留学中にスマホ(携帯電話)を利用する場合、下記4つの選択肢があります。

1. 日本のスマホ(携帯)そのまま
2. 日本のスマホ(携帯) + アメリカ向けSIMカード
3. 日本のスマホ(携帯) + アメリカ向けポケットWiFi
4. アメリカのスマホ(携帯) + アメリカ向けSIMカード

それぞれ一長一短はありますが、日本のスマホ(携帯) + アメリカのSIMカードというパターンを検討している方も多いかと思います。そこで今回は、アメリカのSIMを購入することのメリットやデメリットをご説明しましょう!ちなみにアメスマでは3と4を提供中です!

そもそも誰向け?

ズバリ、ある程度スマホ(携帯)や無線通信の仕組みを理解している人向けです。後述する「SIMカードを購入するデメリット」にある通り、全くの初心者が何らかのトラブルに陥った場合、自分では解決できない可能性が高いです。留学初日に携帯が使えず、マップや移動手段の検索ができなかったり、関係各所に連絡が取れずに空港を彷徨うなんてケースもよく聞いたりします。

アメリカのSIMカードでできること

これはシンプルで、日本でスマホを使って行っていることはほぼ全てできると考えて問題ありません。電話をする、メールを送る、SMSを送る、インターネットを閲覧する、アプリを使う。一通りのことができます。

アメリカのSIMカードを購入するメリット

・初期費用が安い
・日本の端末をそのまま使える

何よりも、新しく端末を購入する必要がないため、初期費用が安く済みます。更に、日本で使っていた端末をそのまま利用できるので、端末を新しくセットアップする必要がなく、その点は手間がかからない選択肢と言えるでしょう。また、1ヶ月未満の留学の場合は、数日単位で使える旅行者用のSIMがあるため、通信費としての総支払額が抑えられる可能性があります。

アメリカのSIMカードを購入するデメリット

・使える端末には条件がある
・アメリカ到着後にセットアップが必要

さて、SIMカードは買って挿せばすぐに使える!という訳ではありません。まず大前提として、「端末のSIMロックが解除されていること」、「挿すSIMカードの通信キャリアが提供する電波周波数帯に端末が対応していること」、この2つが絶対に必要です。「ちょっと何言ってるかわからない」または「そういうの考えるの面倒くさい」という貴方、SIMは諦めましょう。そのままアメスマへいらっしゃいませ。こういった面倒を自力で乗り越えるからこそ手に入れられる安さ、それがSIM購入という選択肢です。ちなみにアメスマでは日本のiPhone下取りも行なっておりますので、この際新しいスマホでアメリカ新生活を迎えちゃいましょう!

さて、まずはSIMロックの解除ですが、これはドコモやAU、ソフトバンクなどで購入した端末には、原則として自社でしか端末が使えないような制限がかかっており、この制限を解除することです。WEBやショップへ来店してお願いすることができます。

次に「電波周波数帯に対応していること」という条件ですが、これが少し厄介です。アメリカの通信会社はVerizon, AT&T, T-Mobile, Sprintがあります。自分の持っている日本のスマホでこれらの通信会社が全て利用できるわけではありません。下記の表に各社の電波周波数帯をまとめました。今時2Gは意識しなくても大丈夫です。なので、3GとLTEに関して、自分が使いたい通信会社の通信方式と周波数帯に、手持ちの端末が対応していることを確認する必要があります。「あー無理」と思った貴方、そうですよね。めんどくさいんです。

アメリカのキャリア周波数

上記2つのハードルをクリアできた貴方、おめでとうございます!SIMカードを買う準備は万端です!ただし、どこか確認ミスをしてしまうと、渡米後にやっぱり使えなかったというケースに陥ります。何卒注意深く確認してください。ちなみにAmazonでもSIMカードが沢山売ってますが、それぞれの低評価レビューを見ていただくと、「現地で使えなかった」というレビューが大半です。これらの方の中には、おそらく上記の前提をクリアできていないであろう人が散見されます。参考にご覧になってください。

さぁ、最後に「セットアップが必要」というところです。いざ渡米してアメリカに到着後、飛行機を降りたらSIMが使えるわけではありません。APN設定を実施する必要があるんです。この設定は大体購入したSIMに同梱のマニュアルに書いてあるケースが大半ですので、そちらを参考に実施するだけです。専門用語だらけではありますが、間違えずにマニュアルそのままやれば大丈夫なはずです。

通信会社のご紹介

さて、上述した通りアメリカには4つの大手通信キャリアがございます。
Verizon Wireless
AT&T
T-Mobile
Sprint

具体的にどこのSIMを購入するか検討してる貴方、SIM販売業者と上記の通信会社名が一致しないことに気づくと思います。大体が代理店か、上記の通信会社の通信回線をレンタルして販売しているMVNO(格安SIM)です。いずれにしても、上記4社のいずれかの通信回線を使用していることになります。それでは、各社の特徴を見て見ましょう。

1

Verizon Wireless (ベライゾンワイヤレス)

ベライゾンストア

加入者数、エリアカバー率ともに全米No.1の通信会社です。日本でいうところのドコモのような会社です。店構えはこんな感じです。赤と黒を基調とした高級感を感じさせるカラーリングです。実際品質が高い代わり、決して安くはありません。

2

AT&T (エーティアンドティー)

エーティーアンドティー

VerizonにつぐNo.2の通信会社です。日本で言うところのAUといった位置付けです。青とオレンジを基調としたクールなイメージですね。アメリカは州によって通信キャリアのシェアが異なったりしますが、AT&Tはテキサスで人気のようですね。

3

T-Mobile

ティーモバイル

正直VerizonとAT&Tと比べると、カバーエリアが1ランク落ちます。ただし、NYやLA等の大都会であれば全く問題ありません。T-Mobileとしても都市部に注力しているのか、郊外ではさっぱりではあるものの、都心部では通信がとても速いです。ただ、通信プランは少し安いので、その点は魅力的ですね。ピンクと黒を基調とした若者を意識したポップでシャープなイメージの会社です。

4

Sprint

スプリント

正直T-Mobileから更に1ランク下がるイメージです。大都市以外では結構電波が繋がらないケースが散見されます。ただ、その分通信費は安かったりします。黄色と白の親しみやすい落ち着いたデザインの会社です。

通信費

2018年9月21日現在の各社の通信費を下記の表にまとめました。本当は通話料やオプション等の細かい話もあるのですが、ここではシンプルに4G/LTE通信データ量を記載しております。上述した通り、T-MobileとSprintが安いですね。

各社プレイステーブル

カバーエリア

2018年現在の各社の電波カバーエリアです。やはり、安い2社のエリアが明らかに狭く、上位2社のエリアが広いですね。NYやLA等の大都会へ留学する方はどこでも問題なさそうですが、それ以外の都市へ留学される方は事前に要チェックですよ。特に国立公園等へついでに旅行に行く方は、かなり電波が悪いケースが多いのでお気をつけください。正直Verizon、AT&Tでも繋がらなくなってしまうケースもよくあります。そうなるとお手上げです。

4キャリアのカバーエリア

まとめ

全体として長くなってしまいましたが、要点をまとめるとこんな感じです

・日本のスマホ(携帯) + SIM購入の組み合わせは初期費用が安い
・日本での事前準備が必要
・対応周波数等、ある程度の技術的な基礎知識を要する
・アメリカ到着後に端末のセットアップが必要
・アメリカ到着後にやっぱり使えないというケースがあるのがリスク
・通信会社選びは滞在地に合わせてよく考える必要あり

さて、皆さんいかがでしたでしょうか?ちょっと難しくてよくわからない、わかったような気がするけど不安は拭えないという方、アメスマではアメリカで確実に使えるよう、端末とSIMのセット販売を行なっております。短期向けのポケットWiFiもありますので、ぜひ一度ご覧ください。

Amesma Banner

WRITER

トム

北海道生まれの30歳独身ITエンジニア 2017年からアメリカ在住。やっと英語/習慣/文化に慣れてきた頃合いです。学生の頃はドイツ語を学んでいましたが、今はもう喋れません。 好きなスポーツはテニス。好きな乗り物はバイク。好きな猫はロシアンブルー。好きな国はロシア。好きなアメリカの町はサンフランシスコ。好きなドラマはBig Bang Theory。

SIMカード

留学用にアメリカのSIMカード購入という選択肢

お友達に記事をシェア

SIMカード

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。