アメリカ駐在時の携帯事情~渡米前に日系会社での契約が安心~

POSTED BY トム

アメリカのスマホ

Amesma Banner

はじめに

アメリカ駐在において、携帯は慣れない海外生活の中で様々な役割を果たす必需品です。つまり携帯を使える環境を整えることはとても大切ですが、日本と勝手が違う部分もあり、そもそも英語で携帯を契約すること自体に手間がかかり難しいものです。そんな中、これからアメリカ駐在生活が始まるという人に強い味方が登場しています。日本にいるうちに、アメリカで使える便利なスマホ端末とアメリカの携帯会社との契約を日本語で済ませることのできる日系代理店があります。アメリカの携帯契約事情と、日系代理店の便利で手軽な魅力を解説します。

アメリカ駐在時に携帯を使用するための方法

留学や仕事でアメリカに駐在生活するにあたって、携帯電話の使用環境を確保する方法は幾つかあります。それぞれの方法にメリット・デメリットがあり、人それぞれの生活に適したものを選ぶことが大切となってきます。まずはその方法を整理してみます。

① 日本のスマホをそのまま使う

一番手っ取り早い方法としては、渡米前から使っているスマホの契約を残しておき、アメリカでも使う方法です。アメリカ駐在生活用に新たにスマホ端末やSIMを手配せずに済みます。

しかしこれはデメリットが大きいです。当然ながらアメリカでは、日本の大手企業であるau・docomo・Softbankの電波は飛んでいません。アメリカの携帯会社の電波を借りる必要があります。この方法を「国際ローミング」と言いますが、これを利用すると単純に「通常の日本の携帯代+国際ローミング料金」がかかってしまい、非常に高い料金を支払うことになります。

Softbankでは、iPhoneを契約している場合は、アメリカ放題というサービスがあり、スプリントというアメリカの携帯会社の電波を使用すれば国際ローミング料金はかからずにすみます。しかしうっかり他の会社の電波を使った途端、国際ローミング料金が発生してしまう恐れがあります。

また、日本の契約そのままということは日本の携帯電話番号を使うということなので、アメリカで共に過ごす友達やホストファミリーなどからかかってくる電話は国際電話という形になってしまいます。アメリカで過ごす以上は、アメリカの電話番号を持っておく方が得策ですので、この方法は何かとデメリットが多いと言えるでしょう。

② 日本のスマホを持って行きWiFiのみで使用する

アメリカ駐在生活の間は携帯電話の通常の電波は使わず、WiFi環境下でのみスマホを使うという方法です。学校や職場などはWiFiが整っているところが多いですし、この方法なら単純に携帯代はかからないということになります。この方法の場合、日本での携帯契約を休止にするか、いったん解約しておくことになります。

しかし、WiFiがない場所では全く連絡がつかないので、これも慣れない海外の駐在生活においては厳しい条件と言えます。また、電話番号を持たないということは、書類の記入や予約時においてかなり不便となるでしょう。

そもそも無料WiFiの質は日本以上にシビアと言えるでしょうし、セキュリティ上も完全に安心とは言えません。これもまたおすすめの方法とは言えません。

③ WiFiがある場所では日本のスマホを、WiFiが無い場所ではアメリカのガラケーを使う

②の方法の問題は、WiFiがない場所では全く連絡する術がなくなってしまうということでした。③は②の問題を解決しつつ携帯代を安く抑える方法です。WiFiが使える場所ではスマホを、WiFiが無い場所や電話での連絡が取れない相手にはガラケーを。と、使い分けるのです。

ガラケーはスマホより安く購入できるうえ、毎月の携帯代も抑えることができます。連絡を取るためだけなら、ガラケーでも十分な役割を果たすことができます。

デメリットとしては、WiFiのない場所では②と変わらずスマホが使えず、ガラケーによる連絡しかできないこと。現地で英語によってガラケーの契約をしなければならず、初期費用もかかってくるということです。そして②と同じく、WiFiの質は安心できるものではありません。やはり正式な電波を確保する方が良いでしょう。

④ 日本のSIMフリー端末に、アメリカのSIMを入れて使う

SIMとは、携帯の中に入っているICチップで、持ち主の携帯番号や契約情報などが記録されています。つまりこのSIMが入っていることではじめて、携帯は電話などのサービスを使えるようになるわけです。

日本の大手携帯会社、例えばdocomoを例にすると「docomoのSIMは、auやsoftbankの携帯電話では使えない」ように設定していました。これをSIMロックと言います。そしてSIMロックを解除して、一つのスマホ端末に別の会社のSIMを入れても使用できる状態にすることをSIMフリーと言います。

制度が変わり、日本の携帯も2015年5月ごろから「SIMロック解除ができる端末で、半年以上使用すれば、SIMロック解除しても良い」ようになりました。iPhoneでいえば6s以降の端末になります。

これにより、日本で使っていた端末にアメリカのSIMを入れることで、アメリカ現地のサービスを使うことができます。国際ローミングより遥かに安く、WiFiがない場所でもスマホを使うことができるようになります。

かなり有益な方法ですが、この方法は惜しい面もあります。まず、現時点でお使いの日本の携帯がSIMロック解除できない端末だとこの方法は使えません。仮にSIMロック解除できる端末であったとして、SIMロック解除の知識が必要であること。

極めつけは、日本から持って行くSIMフリー端末が、アメリカの周波数に対応しておらず、アメリカのSIMカードをセットしても使えない可能性があるということです。その場合、結局アメリカ現地でSIMフリー端末とSIMカードを難しい英語で契約しなければならなくなります。

⑤ アメリカ駐在生活用のスマホ端末を購入する

こうした①~④のメリット・デメリットを踏まえると、やはりアメリカでの使用に適したアメリカの携帯端末を購入するのがベストと言えます。購入代がかかってしまいますが、後の長きに渡る駐在生活を考えると、「電波が確保できず役に立たない」というような心配をせずに済み、安心です。

アメリカの携帯端末なので、アメリカで使う以上はある程度安いものでも十分安心して使えます。アメリカの携帯は、日本と違って基本的にSIMフリーの端末しか売っていません。もし駐在生活終了後に日本でも使うことを想定するのであれば、思い切ってハイスペックな端末を購入しておくのも一つです。安い端末だと、④の問題と同じく日本の周波数に対応していない可能性があり注意が必要ですが、iPhoneなど有名機種ならその心配はありません。

アメリカの通信事情、各キャリアの特徴

アメリカ キャリア

アメリカでの連絡手段はSMS

まず、アメリカの携帯事情なのですが、日本の携帯と異なり、メールアドレスが使われていません。また、LINEのようなアプリを使って連絡を取り合うということも一般的ではなく、日常の連絡手段として使われるのはSMSです(Textとも呼ばれます)。

SMSとは、宛先のところにメールアドレスの代わりに電話番号を入力して送信するタイプのメール方法。使う時にかかる料金も、基本的にはデータ通信量とは別計算で、1通につき何ドル~という風になっていることが多いです。なので、「SMSが無料」であるプランを使わないと、アメリカ駐在中の携帯使用においては大変なことになってしまいます。ここは見落とさないようにしましょう。

アメリカの大手電話会社

日本ではdocomo・au・Softbankの3社が有名であるように、アメリカには4つほど大手企業が存在します。Verizon・AT&T・T-mobile・Sprintです。それぞれの特徴を見てみます。

・Verizon

アメリカの通信会社の最大手かつ一番長い歴史を持ちます。通信の早さ、回線のカバーする地域の広さ、契約者数など。どの面においてもアメリカ最大級です。4G/LTE回線の次の規格である5Gの開発においても、他社より数歩リードしている状況です。その質の高さの分、料金設定も高めですが、ここと契約しておけばまずアメリカの携帯生活において困ることはないでしょう。

・AT&T

Verizonに比べると劣りますが、他2社に比べるとVerizonに近い質を実現しているのはこちら。

・T-mobile

3位の企業ですが、VerizonやAT&Tに比べるとかなり差があります。一昔前まで、後に紹介するSprintにも劣る会社でしたが、独自の取り組みを行って契約者数を徐々に増やしている右肩上がりの企業。その一つの施策としては、日本に一時帰国した人も追加料金なしでそのままデータ通信を行うことができるプランがあります。

・Sprint

Softbankが買収したことで日本でも少し話題となった企業ですが、買収後の経営は難航している模様。正直なことを言えば、この4社の中では圧倒的に通信速度が遅く、回線のカバー範囲も今一つ。日本でSoftbankのiPhoneを契約している人がアメリカ放題プランで借りられる回線は、Sprintのものです。

以上を踏まえると、アメリカの通信事情においてはVerizonの力が一歩抜きでていることが伺えます。アメリカ駐在生活において、快適な携帯使用環境を確保するためにもVerizonと契約できるのが望ましいです。ではどうやって、そんなVerizonと契約すればよいのでしょうか。次の項目で解説します。

出国前に日系会社で契約しよう

申し込み

アメリカ現地でスマホ契約するのはなかなか骨が折れます。単純に英語での契約に加え、例えば、クレジットの十分な使用履歴や、アメリカの住所への公共料金請求書など、ある程度の条件を満たせていないと契約できない可能性があるそうです…

「日本にいるうちに、日本語で簡単に契約できないだろうか」という気持ちになりますよね?実は先ほど紹介したアメリカ最大の通信会社であるVerizonと、渡米前に日本で契約できてしまう日系代理店があるのです!その名も「アメスマ」です!

アメリカで使用することに適したiPhoneなどの有名端末と、Verizonの回線を使用できる契約をセットで済ませることができ、契約方法も至ってシンプルで、基本的には渡米1週間前に端末を届けてくれます。(急に渡米予定日が決まり、準備にドタバタしていても、アメスマなら契約から最短2日でのお届けも可能です!)

契約方法は、希望のスマホ機種・色・容量・月額プランを選択の後、渡米予定日と日本での受け取り住所を入力し、クレジットカードによる決済で完了します。

日本で先に端末を手にしておくことで、まず現地に着いた直後からの行動のアシストにもなりますし、心理的な負担が大きく軽減されることになると思います。何かと難しく悩ましい、アメリカに企業との携帯契約、こんなに簡単に済ませられるなら、利用しない手はないと思います。

最後に

今回は、アメリカ駐在生活における携帯の使用方法についてご紹介しました。慣れない海外生活が長期に渡って始まるため、最初のうちは日本での生活との違いに戸惑うこともあるでしょうし、情報を集めたり、人と会話するために携帯電話を快適に使用できる環境の確保は必須と言えるでしょう。費用を抑える手段を使いたい心理も理解できますが、ここはしっかり投資しておいて間違いないと思います。携帯電話をしっかり使えるだけで、駐在生活での安心感も大きく得られるからです。

そして便利なことに、日本語でアメリカの大手携帯会社と契約できる日系代理店も登場しました。是非活用して豊かなアメリカ駐在生活の安心したスタートを切ってください!

WRITER

トム

北海道生まれの30歳独身ITエンジニア 2017年からアメリカ在住。やっと英語/習慣/文化に慣れてきた頃合いです。学生の頃はドイツ語を学んでいましたが、今はもう喋れません。 好きなスポーツはテニス。好きな乗り物はバイク。好きな猫はロシアンブルー。好きな国はロシア。好きなアメリカの町はサンフランシスコ。好きなドラマはBig Bang Theory。

アイキャッチ

アメリカ駐在時の携帯事情~渡米前に日系会社での契約が安心~

お友達に記事をシェア

アイキャッチ

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。