アメリカのクレジットカード、日本人へのおすすめは?【2019年最新版】

アメリカ入門

アメリカのクレジットカード

 

アメリカはクレジットカード社会だと言われていますが、筆者もアメリカに来てからというもの、ほとんど現金を使わない生活を過ごしています。アメリカに来たばかりの頃は、クレジットヒストリーがなく、クレジットカードを作ることができませんでした。渡米直後の日本人駐在員がアメリカのクレジットカードを作れない理由については、『アメリカでクレジットカードを作るのは難しい!?日本人でも簡単にクレジットカードを作れる方法教えちゃいます!』という記事が参考になるのでチェックしてみてください。

 

しかし、今ではアメリカ生活8年を超えて、クレジットカードも複数枚持てるようになってきました。広告のダイレクトメールがほぼ毎週どこかから届くので、いくつか申し込みをしてみると結構良い特典があることがわかりました。さらに詳しく調べると、利用の仕方によっては相当お得に生活できることもわかってきたので、今回は、アメリカで駐在員が持ったほうが良いクレジットカードをご紹介していきます。

 

執筆は2019年7月現在です。また、ここでご紹介するクレジットカードの条件は、一切の予告なく変更になる可能性がありますので、詳しくはお申込み前に各クレジットカード発行元のオフィシャルページよりご確認をお願い致します。

 

blog-banner-general

 

アメリカのクレジットカードの選び方

アメリカのクレジットカード

まず、クレジットカードを選ぶ上で、重要な構成要素をご紹介していきたいと思います。

 

クレジットカードの種類

アメリカのクレジットカード

アメリカで最大手はVISA、Mastercard、American Expressの3社です。クレジットカードの利用者にとって、あまり大きな違いはありませんが、一部クレジットカードしか受け付けていない店舗もありますので、複数枚クレジットカードを持つのであれば、ブランドを分けることをオススメします。

 

大手スーパーのCostcoではVISAしか利用できないということもあるので、自分が頻繁に利用する店舗できちんと使えるかどうか、事前にチェックしておきましょう。

 

クレジットカードの特典

アメリカのクレジットカード

アメリカのクレジットカードは日本のクレジットカードよりも、より多くの特典が付いています。最近見かけるのは以下のような特典です。

 

・最初の〇ヶ月以内に、$○○利用すると、$○○のクレジットプレゼント

・○○で使うと○%キャッシュバック(もしくはポイント)プレゼント

 

自分の支出がどこで多いかに合わせて、クレジットカードを選べば、かなりのキャッシュバックやポイントが付いてきますので、クレジットカードを選ぶ前に、ご自身の購買パターンを分析するようにしましょう。

 

クレジットカードの年会費

アメリカのクレジットカード

利用者にとって一番気になるのがクレジットカードの年会費かもしれません。こちらは特典で得られるプラス分ではなく、毎年発生する支出になります。一つ気を付けておくべき点としては、無料のクレジットカードは年会費がない分、年会費があるクレジットカードより特典で得られるベネフィットが少ないということです。

 

例えば、年会費$100のクレジットカードで生活した場合、キャッシュバックで$500戻ってくる場合、$400得する計算になりますが、年会費無料のクレジットカードの場合、キャッシュバックは$300になるかもしれません。年会費で出ていく費用と、加入するクレジットカードから得られる特典を天秤にかけて、判断するようにしましょう。

 

また、こちらはちょっと裏技的な感じですが、クレジットカードの年会費は交渉可能だったりします。クレジットカード会社のカスタマーサポートに連絡して、他のカードもたくさん持っているので解約しようと思う、年会費が無料だったら継続しても良い、と交渉すると、年会費を無料にしてくれる場合もあります。英語での電話と交渉力に自信がある方はトライしてみると良いでしょう笑。

 

blog-banner-general

 

アメリカのクレジットカード入門編

アメリカのクレジットカード

まずは日本人駐在員が加入しやすいおすすめのクレジットカードです。先ほども少し述べましたが、アメリカに来たばかりの日本人駐在員はクレジットヒストリーがなく、アメリカのクレジットカードを最初は作れないので、必ず入門編でご紹介するクレジットカードを申し込むところから始めましょう。

 

JAL USA CARD

JAL USA CARD

日本の航空会社であるJALが提供するJAL USA CARDは、JALユーザーであれば抑えておきたいクレジットカードです。特徴はアメリカに出国する90日前からクレジットカードの申し込みが可能な点です。(アメリカの住所が既に決まっている必要あり)アメリカのクレジットカード会社とは異なる独自の審査方法を利用しているため、アメリカでのクレジットヒストリーがない日本人駐在員でも申し込み可能です。

 

ホームページ:JAL USA CARD

 

ANA USA CARD

ANA USA CARD

同じく、日本の航空会社であるANAが提供するANA USA CARDは、ANAユーザーであれば抑えておきたい1枚。特徴はJAL USA CARDと同様、アメリカに出国する90日前からクレジットカードの申し込みが可能な点です。クレジットカードとしては全く同じ機能を持っているので、ご自身が良く利用する航空会社に合わせて、クレジットカードを作ると良いでしょう。

 

JAL USA CARDかANA USA CARDのどちらかをしばらくアメリカで使用し続けていると、他のアメリカのクレジットカードが作れるようになります。

 

ホームページ:ANA USA CARD

 

アメリカのクレジットカード初級編

アメリカのクレジットカード

次はアメリカのクレジットカード初級編です。JAL USA CARDかANA USA CARDでクレジットスコアが落ち着いてくる半年~1年を目安に申し込むと良いでしょう。初級編は年会費が無料のクレジットカードをご紹介していきます。

 

Bank of America Cash Reward

アメリカの大手銀行であるBank of Americaが発行するBank of America Cash Rewardは年会費無料ですが、以下のような特典が付くお得なクレジットカードです。

 

・最初の3ヶ月以内に、$1,000利用すると、$200のキャッシュバック

・6つのカテゴリー(レストラン、薬局、ガソリンスタンド、家具、オンラインショッピング、旅行)の中から1つ好きなカテゴリーを選択し、そこでの買い物は3%キャッシュバック、スーパーでの買い物は2%キャッシュバック、その他の買い物では1%キャッシュバック

 

さらに、Bank of Americaの銀行口座を持っていて、預金残高に応じたReward Programも加算されると、キャッシュバックされる金額の75%が追加で付与されるので、大変お得になっています。既に銀行口座をBank of Americaで開けている方は保持必須の1枚です。

 

ホームページ:Bank of America Cash Reward

 

Chase Freedom Unlimited Credit Card

Chase Freedom Unlimited Credit Card

同じくアメリカの大手銀行であるChaseが発行するChase Freedom Unlimited Credit Cardは年会費無料ですが、以下のような特典が付くお得なクレジットカードです。

 

・最初の$20,000を使うまで、全ての購入で3%のキャッシュバック

 

アメリカで生活していると年間$20,000は意外とすぐに到達してしまう感じもしますが、$20,000の3%なので最大$600キャッシュバックされます。$20,000以降は1.5%のキャッシュバックになります。構造がシンプルなのでアメリカでの最初のクレジットカードとしてはもってこいの1枚と言えるでしょう。こちらもChaseで銀行口座を開けている方は保有マストの1枚です。

 

ホームページ:Chase Freedom Unlimited Credit Card

 

アメリカのクレジットカード中級編

アメリカのクレジットカード

続いて、アメリカのクレジットカード中級編です。アメリカでの生活に慣れてきて、どこでどれくらい支出をするかがわかってくる1年~2年目以降に申し込みをすると良いでしょう。中級編は年会費が$100前後のクレジットカードをご紹介していきます。

 

Hilton Honors Amex Surpass Card

Hilton Honors Amex Surpass Card

アメリカ大手ホテルチェーンのヒルトングループが提供するHilton Honors Amex Surpass Cardは年会費$95で、以下のような特典が付くお得なクレジットカードです。

 

・最初の4ヶ月以内に、$4,000利用すると、ヒルトングループで利用できるポイントを130,000ポイントゲット

・ヒルトン系列で利用すると、$1につき12ポイント、レストラン、ガソリンスタンド、スーパーで利用すると$1につき6ポイント、その他の購入は$1につき3ポイントゲット

・Hilton HonorでGoldステータスが自動付与

 

ポイントという表現が少しわかりにくいですが、色々調べてみると、平均してヒルトンポイントは1ポイント5セントの価値があるそうです。(※①)ヒルトングループはDouble Treeなどのビジネスホテルからリゾートホテルまで提供しているので、普段よくヒルトングループを利用する方はかなり得をするカードと言えそうです。

※①:参考ページ

 

上記の参考ページに記載があるのですが、このヒルトンポイント、宿泊する時期やホテルによって利用するポイントの価値が変わるようです。高いホテルに泊まる際にポイントを利用すると、1ポイント8~9セントと価値がより高くなるようです。ご参考までに。

 

ホームページ:Hilton Honors Amex Surpass Card

 

AAdvantage Aviator Red World Elite Mastercard

AAdvantage Aviator Red World Elite Mastercard

アメリカ大手航空会社のAmerican Airlinesが提供するAAdvantage Aviator Red World Elite Mastercardは年会費$99で、以下のような特典が付くお得なクレジットカードです。ここではAmerican Airlinesをご紹介していますが、UnitedやDeltaなどの大手航空会社も同様のクレジットカードを発行していますので、ご利用頻度の高い航空会社のクレジットカードがおすすめです。

 

・最初の3ヶ月以内に、クレジットカードを利用すると、American Airlinesのマイルを60,000マイルゲット

・American Airlines関係での購買で利用すると、$1につき2マイルゲット

・国内線の預け荷物が毎回のフライトで1つ分無料

 

最初にゲットできる60,000マイルで国内線であればどこかの都市を往復できるレベルなので年会費の$100の価値はあっという間に取り戻せそうな感じですね。このクレジットカードの注意点としては、American Airlines関係での購買以外ではマイルが$1につき1マイルで貯まりにくいという点です。

 

しかし、他のAmerican Airlinesのクレジットカードで、スーパーなどでもマイルが貯まるAAdvantage MileUp Mastercardというものもあるようなので、利用に合わせて最適なものを選ぶのが良さそうです。出張などで飛行機を多用するビジネスマンは持っておいたほうが良い1枚ですね。

 

ホームページ:AAdvantage Aviator Red World Elite Mastercard

 

American Express Blue Cash Preferred Card

American Express Blue Cash Preferred Card

アメリカ大手クレジットカード会社のAmerican Expressが提供するAmerican Express Blue Cash Preferred Cardは年会費$95で、以下のような特典が付くお得なクレジットカードです。

 

・最初の3ヶ月以内に、$1,000利用すると、$300キャッシュバックをゲット

・スーパーでの買い物は6%キャッシュバック($6,000まで)、サブスクリプションサービスの支払いは6%キャッシュバック、交通関係(タクシー、UberやLyftなどのライドシェア、パーキング、トールロードなど)とガソリンスタンドは3%キャッシュバック、その他の買い物では1%キャッシュバック

 

最初にゲットできる$300は3カ月以内に$1,000というハードル低めの条件なので、こちらも年会費の回収は問題なさそうですね。他にもキャッシュバックの利率が高いので、生活用の1枚として重宝されそうなクレジットカードです。

 

追記(2019年7月29日)キャッシュバックできるスーパーは以下の通りです。WalmartやTargetなど、家電や家具なども販売するようなスーパーは対象外となっておりますので、ご注意ください。スーパー一覧:Albertsons、A&P、Food Lion、Fresh Direct、H-E-B、Hy-Vee、Kroger、Meijer、Military commissaries、Pathmark/Acme、Peapod、Piggly Wiggly、Publix、Safeway、Sav-A-Lot、Shoprite、Stater Bros.、Stop & Shop、SuperValu、Tops、Trader Joe’s、Wegmans、Whole Foods、Winn-Dixie

 

ホームページ:American Express Blue Cash Preferred Card

 

アメリカのクレジットカード上級編

アメリカのクレジットカード

次に、アメリカのクレジットカード上級編です。中級編のクレジットカードでは物足りず、さらにポイントを貯めたい方は一見の価値ありです。上級編は年会費が$500前後のクレジットカードをご紹介していきます。

 

Chase Sapphire Reserve

Chase Sapphire Reserve

初級編で登場したChase Freedom Unlimited Credit Cardの進化系、上級者向けのクレジットカードで、年会費は$450です。高額な年会費に少ししり込みしてしまいそうですが、以下のような特典が付く大変お得なクレジットカードとなっています。

 

・最初の3ヶ月以内に、$4,000利用すると、50,000ポイントをゲット

・1年間利用すると、旅行で使えるクレジットを$300ゲット(2年目以降もOK)

・旅行とレストランでの支出で$1につき3ポイントゲット

 

年に1回は旅行するような方であれば、確実に$300のクレジットは戻ってくる計算なので、実質年会費は$150と言えるかもしれません。ポイントは航空会社のマイレージなどと1対1の比率で交換できるため、入会特典の50,000ポイントをどこかの航空会社の50,000マイルと換算するとあっという間に元が取れそうな気もしますね。

 

支出が多い方は、航空会社系のクレジットカードを利用せずにこのクレジットカードに集約するという手もありそうです。

 

ホームページ:Chase Sapphire Reserve

 

Marriott Bonvoy Brilliant American Express Card

Marriott Bonvoy Brilliant American Express Card

大手ホテルグループのMarriottが提供するMarriott Bonvoy Brilliant American Express Cardも上級者向けのクレジットカードで、年会費は$450です。旅行でラグジュアリー体験をするにはもってこいの特典が揃っています。

 

・最初の3ヶ月以内に、$3,000利用すると、Marriottでのポイント75,000ポイントをゲット

・マリオット系列での買い物で$1につき6ポイントゲット

・毎年マリオット系列のホテル宿泊1泊分

 

入会特典の75,000ポイントと毎年もらえるホテル1泊分で年会費はカバーできそうですね。クレジットカード利用でのポイント還元もお得になっています。上記で記載している以外にも、様々な特典がありますので、気になる方はウェブサイトをチェックしてみてください。

 

ホームページ:Marriott Bonvoy Brilliant American Express Card

 

Ritz-Carlton Rewards Credit Card

Ritz-Carlton Rewards Credit Card

※追記(2019年7月25日):このクレジットカードは新規での発行を停止してしまったようです、残念。。。

 

泣く子も黙るラグジュアリーブランド、Ritz-Carltonが発行するRitz-Carlton Rewards Credit Cardも上級者向けのクレジットカードで、年会費は$450です。旅行でラグジュアリーな体験にはもってこいの特典が揃っています。

 

・マリオット系列での買い物で$1につき6ポイントゲット

・1年間利用すると、マリオット系列のハイブランドホテル宿泊1泊分、マリオット系列の一部のホテルで宿泊15泊分クレジットゲット(2年目以降もOK)

 

とにかく旅行では良いホテルに泊まりたいという方は、最初の1回の旅行でハイブランドホテルに泊まって元が取れそうですね。それ以外にも、系列で15泊分のクレジットはとても魅力的です。Marriott系列での会員ステータスも自動的にGoldになるため、そのステータスによる特典もあるようです。ちょっとお金に余裕があるそこのあなた、申し込んでみてはいかがですか?

 

ホームページ:Ritz-Carlton Rewards Credit Card

 

アメリカのクレジットカード番外編

アメリカのクレジットカード

最後にご紹介するクレジットカードは番外編です。用途が限定的なので、加入する方は限られそうですが、遊び好きな方は必見のカードです笑。

 

M life Rewards Mastercard

M life Rewards Mastercard

ラスベガスなどでカジノを運営するM Life系列のクレジットカードです。気になる年会費はどれくらいかというと、なんと無料です笑。無料だからと言って侮るなかれ、魅力的なオファーがたくさんありますのでご紹介します。

 

・M Life系列での買い物で$1につき3ポイント、ガソリンスタンド、スーパーでの買い物で$1につき2ポイント、その他買い物で$1につき1ポイントゲット

・M Life系列での宿泊が常時ディスカウント、時期によっては無料で宿泊可能

 

筆者は年に1回は展示会などのイベントでラスベガスに足を運ぶのですが、その時期は繁忙期でホテルがいつも高騰します。何か安く宿泊できる手段がないかと探していた時に見つけたのがこのクレジットカードで、M Lifeでの会員ステータスがPearlに自動的にアップグレードされ、通常予約より1泊$100近く安く宿泊できました。

 

その後もプライベートでラスベガスに行くときは、無料で高級ホテルに宿泊できたり、ビュッフェやカジノなどで使えるポイントが付与されるため、満足度はどのクレジットカードよりも高いと言えるかもしれません笑。

 

年会費は無料なので、とりあえずラスベガス行く人は作ってみるくらいの感覚でも良いと思います。

 

ホームページ:M life Rewards Mastercard

 

まとめ

アメリカのクレジットカード

いかがでしたか?この中からお好きなクレジットカードは見つかったでしょうか?いろんな種類があってわかりにくいアメリカのクレジットカードですが、最適なものを選べばお得に生活が豊かになります。ご自身のライフスタイルに合うクレジットカードを作って、アメリカでの生活を満喫しましょう!

 

blog-banner-general

WRITER

Chihiro

東京都多摩市出身。桐光学園高校、慶応義塾大学卒。カリフォルニア大学アーバイン校へ交換留学。ロサンゼルス、ニューヨーク、サンディエゴ、ダラスとアメリカでも異文化を経験しながら、アメリカ生活8年目に突入!趣味はサッカー、レストラン巡り、温泉、筋トレ、BBQ。アメリカ生活に役立つ情報、サービスをお届けしていきます!

アメリカのクレジットカード

アメリカのクレジットカード、日本人へのおすすめは?【2019年最新版】

お友達に記事をシェア

アメリカのクレジットカード

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。