留学用にアメリカのSIMカードを購入する際に、気を付けるべきたった2つのこと

アメリカのスマホ

Amesma Banner

まずは選択肢を整理しよう

携帯 契約アメリカ留学中にスマホ(携帯電話)を利用する場合、大きく分けて下記4つの選択肢があります。

1. 日本のスマホ(携帯電話)そのまま
2. 日本のスマホ(携帯電話) + アメリカ現地SIMカード
3. 日本のスマホ(携帯電話) + アメリカで利用可能なポケットWiFiレンタル(or 購入)
4. アメリカのスマホ(電話) + アメリカ現地SIMカード

それぞれ一長一短はありますが、日本のスマホ(携帯電話) + アメリカ現地SIMカードというパターンを検討している留学生の方が圧倒的に多いかと思います。そこで今回は、日本のスマホ(携帯電話)をそのまま使いながら、アメリカ現地SIMを購入する際に気を付けるべき点について、ご紹介していきます。日本で購入、契約できるアメリカ現地SIMカード、スマホ(携帯電話)を提供しているアメスマでは、お客様の状況やニーズに合わせて、上記の2、もしくは4のパターンを提供中です!

そもそも、SIMカードって何だっけ?

SIMカード、なんとなく聞いたことがあるけどよくわかってないし、ちょっと難しい、、と、思われている留学生の方々もいらっしゃるのではないでしょうか。安心してください、SIMカードはまだまだ認知度が低いだけで、知ってしまえばそんなに難しいものではありません。実際の無線通信の技術に関する知識や考え方は難しいですが、利用者の方が通信技術に関して、細かく理解する必要はなく、SIMカードの使い方さえ知っておけば問題ありません。スマホ(携帯電話)には通信をするためにSIMカードと呼ばれる小さいICチップが入っています。クレジットカードにも金色のチップが埋め込まれていますが、原理や形はあの金色のチップとほとんど同じです。

アメリカのSIMカードでできること

これはシンプルで、日本でスマホを使って行っていることはほぼ全てできると考えて問題ありません。電話をする、メールを送る、SMSを送る、インターネットを閲覧する、アプリを使う。一通りのことがアメリカでも同じようにできます。

アメリカのSIMカードを購入するメリット

アメリカ SIMフリー・初期費用や月額料金が安い
・日本の携帯端末をそのまま使えれば、機種変更をせずにさらにお得

SIMフリー、かつ、アメリカの周波数帯に対応しているスマホ(携帯電話)であれば、アメリカ留学用に新しく端末を購入する必要がないため、初期費用が安く済みます。更に、日本で使っていた端末をそのまま利用できるので、端末を新しくセットアップする必要がなく、その点は手間がかからない選択肢と言えるでしょう。また、1ヶ月未満の留学の場合は、数日単位で使える旅行者用のSIMがあるため、通信費としての総支払額が抑えられる可能性があります。

アメリカのSIMカードを購入するデメリット

・使用できる携帯端末に条件がある

さて、SIMカードは買って挿せばすぐに使える!という訳ではありません。まず大前提として、「スマホ(携帯端末)のSIMロックが解除されていること(SIMフリーになっていること)」、「挿すSIMカードの通信キャリアが提供する電波周波数帯にスマホ(携帯端末)が対応していること」、この2つが絶対に必要です。「ちょっと何言ってるかわからない」、または「そういうの調べたり考えるの面倒くさい」という留学生の方々にこそ、アメスマがオススメです!もちろん、自力でこの辺りを把握しておきたいという方もいらっしゃると思いますので、そういった方々向けにはお手持ちのスマホ(携帯端末)がアメリカの通信キャリアに対応しているかお調べして、お伝えさせていただきます。アメスマサポートページよりお問い合わせください。

SIMロック解除と電波周波数帯について

SIMロックまずはSIMロックの解除について、解説していきます。これはNTTドコモやau、ソフトバンクなどで購入したスマホ(携帯端末)には、原則として自社でしかスマホ(携帯端末)が使えないように機能制限がかかっており、この制限を解除することを言います。SIMロックが解除されているスマホ(携帯端末)のことをSIMフリースマホとも呼びます。インターネットやショップへ来店して、SIMロック解除が可能です。

次に「電波周波数帯に対応していること」という条件ですが、これが少し複雑で厄介です。アメリカの通信会社はVerizon、AT&T、T-Mobile、Sprintの大手4社があります。日本のスマホがこれらの通信キャリアで全て利用できるわけではありません。下記の表に各社の電波周波数帯をまとめましたので、ご覧ください。2Gはかなり昔に利用されていた通信方式なので気にする必要はありません。3GとLTEに関して、自分が使いたい通信キャリアの通信方式と周波数帯に、お手持ちのスマホ(携帯端末)が対応していることを確認する必要があります。確認してみたけどよくわからない、という方はアメスマサポートページよりお問い合わせください。無料でお調べ致します。

アメリカのキャリア周波数

上記2つのハードルをクリアできた留学生の皆様、おめでとうございます!SIMカードを買う準備は万端です!ご自身の予算と利用量に応じて、必要なSIMカードを購入しましょう。インターネットやAmazonでSIMカードが沢山売ってますが、それぞれ低評価レビューを見ていただくと、「現地で使えなかった」、「問い合わせしたけど全然返信が来ない」というレビューが大半です。安いだけでSIMカードを選ぶのは危険だということも覚えておきましょう。手頃な価格と通信品質、評判などを考慮しながら最終的に購入まで至りましょう。

 

アメスマでは、月額$39.99で電話、SMS、高速データ通信(LTE)使い放題、T-MobileのSIMカードをご提供しております。リーズナブルな価格設定と、日本とアメリカ両方で安心の日本語カスタマーサポートをご提供しております。ぜひSIMカードの購入を検討されている方は、選択肢の一つに入れていただければ幸いです。

アメリカの通信キャリアご紹介

最後に、アメリカの4つの大手通信キャリアについて、ご紹介させていただきます。各社の特徴を見ていきましょう。

 

Verizon Wireless
AT&T
T-Mobile
Sprint

1

Verizon Wireless (ベライゾンワイヤレス)

ベライゾンストア

加入者数、エリアカバー率ともに全米No.1の通信キャリアです。日本でいうところのNTTドコモのような存在です。店構えは写真のような感じで、赤と黒を基調とした高級感を感じさせるクラシックなカラーリングです。品質が高い代わりに、値段は他キャリアと比較してややお高めです。

2

AT&T (エーティアンドティー)

エーティーアンドティー

Verizonに次いで、No.2の通信キャリアです。日本で言うところのauといった位置付けです。青とオレンジを基調としたクールなイメージですね。アメリカは州によって通信キャリアのシェアが大きく異なりますが、電波が繋がりにくい郊外などでAT&Tは人気のようです。

3

T-Mobile

ティーモバイル

正直、VerizonとAT&Tと比べると、カバーエリアや電波の品質が1ランク落ちる感じは否めません。ただし、ニューヨークやロサンゼルス等の都市部であれば、普段の利用で問題になることはほとんどないでしょう。T-Mobileとしても都市部に注力しているのか、郊外ではさっぱりではあるものの、都心部では通信がとても速いです。通信プランはVerizonやAT&Tと比較するとリーズナブルです。ピンクと黒を基調とした若者を意識したポップでシャープなイメージの会社です。

4

Sprint

スプリント

T-Mobileから更に1ランク下がるイメージです。大都市以外ではほとんど電波が繋がらないケースが散見されます。通信料金は他のキャリアと比べてかなり安いですが、サービスレベルで考えるとオススメできないという印象です。黄色と白の親しみやすい落ち着いたデザインの会社です。日本のソフトバンクのグループ会社です。

アメリカの通信キャリア利用料金

2018年9月21日現在の各社の通信費を下記の表にまとめました。厳密には通話料やオプション等の細かい話もあるのですが、ここではシンプルに4G/LTE通信データ量を記載しております。上述した通り、T-MobileとSprintが安いですね。

各社プレイステーブル

アメリカの通信キャリア通信カバーエリア

2018年9月21日現在の各社の電波カバーエリアです。やはり、T-MobileとSprintの2社のカバーエリアが明らかに狭く、上位2社のエリアが広いですね。ニューヨークやロサンゼルス等の大都市へ留学する方はどこでも問題なさそうですが、それ以外の都市へ渡米される方は事前に要チェックです。特に国立公園等郊外に旅行に行く方は、かなり電波が悪いケースが多いのでお気をつけください。正直Verizon、AT&Tでも繋がらなくなってしまうケースもよくありますが、そうなるとお手上げです。そんな時はスマホから切り離された大自然を楽しみましょう笑。

4キャリアのカバーエリア

まとめ

いかがでしたか?全体として少し長くなってしまいましたが、要点をまとめると以下の通りです。

・日本のスマホ(携帯電話) + SIM購入の組み合わせは初期費用が安くお得
・日本での事前準備が必要
・SIMロック解除、お手持ちののスマホの対応周波数を要確認

全部読んでみたけど、内容が専門的過ぎてよくわからない、わかったような気がするけどなんとなく不安は拭えないという方、些細な事でも構いませんので、アメスマサポートページよりお問い合わせください。日本人スタッフが不安な点や疑問点が無くなるまで、ご質問にお答えします!

Amesma Banner

WRITER

KSK

アメリカで子育て奮闘中32歳のKSKです。 大学生のときペンシルベニアとハワイに留学、現在アメリカで3年くらい仕事してます。 神奈川県出身の元サーファーです。今は海がないところに住んでいるので元です。。。キャンプやBBQなど、アウトドアを中心に楽しんでいます。

SIMカード

留学用にアメリカのSIMカードを購入する際に、気を付けるべきたった2つのこと

お友達に記事をシェア

SIMカード

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。