アメリカ周波数対応SIMフリースマホとプリペイドSIMを同時購入する方法

アメリカのスマホ

はじめに

日本国内で買ったスマホをアメリカで使用する際、SIMロックを解除するだけでは使えないことがあります。今回はアメリカで使用できるプリペイドSIMを選ぶ際、何を参考にすれば良いのか調べてみました。

プリペイドSIMが使えるスマホ

プリペイドSIMを選ぶ前に、アメリカで使用するスマホがSIMフリースマホまたはSIMロック解除済であることが必須です。

SIMフリーとSIMロックの違い

SIMフリーとは別キャリアのSIMカードが手持ちのスマホで使用できる状態のことをいいます。キャリアで購入したスマホの多くはSIMロックがかかっており、SIMロックは加入しているキャリアで解除できます。しかし購入後3ヶ月以上は解除の申込ができません。手持ちのスマホがSIMフリースマホどうかを知る方法はスマホの設定から確認することができます。

SIMカードはどれでも使えるのか

他にもSIMカード購入前に差込口の大きさを確認する必要があります。SIMカードには3種類の大きさがあり「標準SIM」と呼ばれる25×15ミリ幅、「micro SIM」と呼ばれる15×12ミリ幅、「nano SIM」と呼ばれる12.3×8.8ミリ幅です。

 

■標準(スタンダード)SIM

ガラケーと呼ばれるスマホ以前の携帯電話や3G回線対応のスマホで使われています。

 

■micro SIM

4G回線スマホや2014年までに販売されていたスマホで使われていました。

 

■nano SIM

現在こちらの大きさが主流となっています。

blog-banner-general

プリペイドSIMの選び方

プリペイドSIM

アンドロイドスマホの場合SIMロックを解除できたとしても海外のプリペイドSIMが使えるとは限りません。理由は日本とアメリカでは使用されている周波数帯が異なるからです。スマホにはそれぞれ受信できる周波数帯があるためSIMカードとスマホの相性が合わなければ通信ができません。アメリカで使用できるスマホかどうかはスマホ販売店舗のスタッフに確認しましょう。

 

アメリカで使用できるプリペイドSIMの種類はいくつかありますが、周波数帯以外に何をポイントに選択すれば良いのかをご紹介します。

ポイント①アクティベーション

アクティベーションとはプリペイドSIMを使用可能にするために行うライセンス認証のことです。カードの種類によっては差し込むだけで使用できるもの、事前に日本でも行えるもの、日本語サポートのあるものなどがあります。

ポイント②チャージ

最近のプリペイドSIMは月で定額のものが増えていますが、SUICAのように使用毎に残高が減っていくプランもありますのでご注意ください。月額プランにしろ、使い切ったら足していく従量課金タイプでも、チャージ方法は多くの場合がクレジットカード払いなので手持ちのカードがアメリカでも使用できるクレジットカードなのか確認しておきましょう。また、ごく稀に海外のクレジットカードは受け付けていない通信キャリアもあります。その場合はクレジットカード以外の支払い方法を探すか、アメリカで銀行口座を開き、キャッシュカード機能が付いたデビットカードをゲットしましょう。

ポイント③通信速度

基本的には4GやLTEといった高速通信でないと、最近のアプリなどは遅くて使いづらくなります。データプランによって一ヶ月に使用できる容量が変わります。2GB/月や10GB/月などを選ぶようになります。アメスマでは2GB/月が$29.99、使い放題/月が$39.99というかなり破格の料金設定になっておりますので、是非こちらから確認してみてください。

高速通信を使い切ると、2Gや3G、最大128kbpsの速度になると記載があるプランが多いです。これははっきり言ってほとんど”使える”レベルではないので、高速通信のデータ容量でプランを選ぶようにしましょう。

ポイント④通話料

アメリカで使用できるプリペイドSIMには「データ通信のみ」と「データ通信と通話がセット」のものがあります。通話アプリが使用できる場合はデータ通信のみでも良いですが、飲食店へ予約や問い合わせを入れる際に通話を使用することを想定すると、通話もできるカードの方が便利かも知れません。またアメリカではSMS(Test Message)をレストラン予約でよく使いますのでやはり通話もあった方が無難でしょう。

通話料

最後に

iPhoneなら基本的に問題ないですが、アンドロイドの場合は注意が必要です。周波数帯的には対応しているから使えるはずだと思っていても、やはり技術的なことなので何らかの原因で使えないことも想定しておきましょう。そんな時は、アメリカで安いアンドロイドを購入するのも一つの手ですが、事前にアメスマで端末とセットで購入しておくと現地に行ってからの不安が減りますので是非ご検討をよろしくお願いします。

blog-banner-general

WRITER

KSK

アメリカで子育て奮闘中32歳のKSKです。 大学生のときペンシルベニアとハワイに留学、現在アメリカで3年くらい仕事してます。 神奈川県出身の元サーファーです。今は海がないところに住んでいるので元です。。。キャンプやBBQなど、アウトドアを中心に楽しんでいます。

アメリカ SIM

アメリカ周波数対応SIMフリースマホとプリペイドSIMを同時購入する方法

お友達に記事をシェア

アメリカ SIM

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。