アメリカ駐在、SIMフリースマホを使ったオススメ節約術とは?

アメリカのスマホ

はじめに

アメリカに駐在することになった際に、事前準備で色々と頭を悩ませる方もいらしゃると思いますが、その一つがスマホ(携帯電話)。アメリカに駐在するなら、SIMフリーのスマホ(携帯電話)が良いとは聞くものの、どういう理由で良いのかわからないという声もチラホラ。今回は、SIMフリースマホ(携帯電話)がアメリカに駐在する上で、何故良いのかという基本的な部分をあらためて整理しつつ、アメリカ駐在において快適なスマホ環境が整うSIMフリー端末とSIMカードのセット契約について、ご紹介します。

アメリカに駐在してスマホを使うならSIMフリー一択!

アメリカ SIMSIMフリーという言葉をご説明する前に、SIMについて理解していただく必要がございます。SIM(カード)とは「契約者の電話番号や契約情報などが記録された」ICチップカードのことです。つまり、このICチップカードが挿入されていないスマホ端末は電話やデータ通信が使えないのです。

日本のスマホ事情をお伝えしますと、例えばNTTドコモのSIMカード、他の通信会社で販売されているスマホ(携帯端末)に挿入しても使えないようになっています。これがSIMロックと呼ばれるもので、このSIMロックを解除し、NTTドコモのスマホに使われていたSIMカードをauやソフトバンクなどの通信会社のスマホに使えるようにすることがSIMフリーという状態です。つまり、今まではある会社でしか利用できなかったスマホ(携帯端末)が、他の通信会社でも使えるようになるということで、別会社への契約乗り換えも簡単になるということですね。

このSIMフリーと呼ばれるものは、アメリカではむしろ当たり前で、SIMロックをしている会社はあまり多くありません。どこの通信会社のSIMカードをどのスマホに入れても、たいていの場合は動くようになっています。

これを踏まえると、アメリカでSIMフリーのスマホを使う選択肢は幾つかあります。

 

①最初からSIMフリースマホ(携帯端末)を日本で買い、現地で使う

②日本で使用していたスマホのSIMロックを解除してアメリカに持って行く

③アメリカでスマホ端末を購入する(アメリカで買える端末は全てSIMフリー)

この3つの方法は、それぞれ皆さんの置かれた状況や目的によって、向き不向きがあります。

1つ目は、最初からSIMフリーであるスマホ端末を使っていたり、アメリカに渡る前に購入しておく方法です。例えば、アップルストアで購入するiPhoneは、携帯会社からの販売ではないので、世界共通で販売されるiPhoneと同じくSIMフリーです(一部例外もありますので、購入前にはご自身が購入される端末がSIMフリーかどうか、事前にご確認ください)。また、中古で海外から輸入したスマホが秋葉原などの中古ショップで手に入ることもあります。

2つ目は、現在使っている会社で契約しているSIMロック状態のスマホ端末を、海外のSIMカード対応させるためにSIMフリー化させる方法です。ただし、これを可能にするためには条件があります。

 

・2015年5月以降に販売された端末であること

・各会社の定めた使用期間を満たしていること

 

主にはこの2つですが、各会社ごとに他の条件を設けていることもあるので、事前に良くチェックしておきましょう。

3つ目は、アメリカでスマホ端末を購入する方法です。アメリカで購入すればほぼ100%スマホ端末はSIMフリー仕様です。しかし、iPhoneなど有名でわかりやすい機種は日本でも購入できますし、契約が英語で分かりにくいアメリカでわざわざ買うよりは日本で買っておく1つ目の方法が良いのではないかと思います。

そして、この3つの方法のうち①と②に共通して言えるのは、アメリカ駐在用のスマホ(携帯端末)はiPhoneなどグローバルで一般的で普及しているものにしておいた方が良いです。その理由は次の項目にて解説します。

iPhoneなどの有名なスマホが良い理由

格安SIM

先ほどの項目の最後で、「アメリカ駐在用のスマホ(携帯端末)はなるべくiPhoneなどグローバルで一般的に普及しているものにしておいた方が良い」とお伝えしましたが、その大きな理由は、お使いのスマホ(携帯端末)がアメリカでの周波数帯や通信世代に対応している必要があるからです。

スマホ(携帯電話)は受信できる電波の周波数帯の種類が機種やモデルごとによって違いますし、またSIMカードを提供する会社も使用する周波数帯が違ってきます。あまり知られていないのですが、SIMフリースマホ(携帯端末)でも、その周波数帯が合ってないことには電波が受信できません。まして国土の広いアメリカは、国土や携帯会社によって利用される周波数帯がかなり変わってきます。

SIMフリーだったら何でも大丈夫でしょ!と、日本で購入した格安のSIMフリー端末を持ってアメリカでの生活を始めてみると、周波数帯に対応しておらず使い物にならないという悲劇的な結果を招くことも…

その点、有名なスマホ(特に6以降のiPhone)は、約20種類ほどの周波数帯に対応しており、アメリカで使われている周波数帯の対応に困ることは殆どありません。他にも幅広い周波数帯に対応した端末は存在しますが、やはりこうした場面においてiPhoneという存在は、一つ抜き出て安定した存在なのです。

またSIMフリーの利点としてよく語られるのが、格安SIMが利用できるという点です。格安SIMとは、楽天モバイルやLINEモバイルなどの、月々の通信料が安い3大キャリア以外の通信事業者が提供するSIMカードのことです。

アメリカで駐在生活する上では、日本に住んでいた時以上に携帯代を安く抑えたいという気持ちが強くなるかもしれません。しかし、格安SIMは、日本で同様に使用すると電波通信が弱くなりがちですし、それどころか日本から用意していったスマホ端末では周波数帯が対応せず、全く使い物にならない可能性さえあります。そして結局、大手のスマホ(携帯端末)を買って契約するという二度手間になってしまうこともあるので、注意が必要です。

慣れない海外で長期を過ごすわけですから、スマホは生活の必需品となるでしょうし、ここは多少高くなっても快適なスマホ環境を確保すべきと筆者は考えます。

blog-amesma for work

SIMフリー端末+SIMカードのセット契約が吉

SIMフリーのスマホ

ここまでSIMフリーに関する基本的な知識と、アメリカの駐在生活において快適なスマホ環境を手に入れるのであれば、SIMフリースマホ(携帯端末)はiPhoneなどの有名機種が良いということをお伝えしてきました。

ということは、次に気になるのはiPhoneなど有名なSIMフリースマホ(携帯端末)をアメリカ駐在を始める前に手に入れる方法が気になります。

一つ目の方法は、NTTドコモなどの大手通信キャリアを利用しているiPhoneユーザー限定になりますが、SIMロックをインターネットか携帯ショップで解除してもらうやり方です。

二つ目の方法は、日本のアップルストアでSIMフリーのiPhoneを購入するやり方です。

三つ目の方法は、アメスマでSIMフリーのiPhoneと一緒にアメリカで利用できるSIMカードをセットで購入するやり方です。

アメスマは、月額$39.99で通話、SMS、高速データ通信ができるSIMカードを提供するオンラインサービスです。日本とアメリカに数か所拠点を構え、日本語でサポートを行っている日系代理店です。SIMカードのみの契約だけでなく、中古のiPhoneなどを日本で購入するよりお求め安い値段で提供しております。アメスマでスマホとSIMカードをセットで購入しておけば、アメリカ駐在生活においてのスマホ環境は盤石と言えるでしょう。

駐在の予定が緊急で決まり、アメリカに渡る準備でバタバタしているとスマホの準備が直前になっても完了していないという方もいるかもしれません。しかし、アメスマはなんと注文から最短2日でお届けが可能です!(通常は渡米予定日の1週間前後に合わせてのお届け)

最後に

アメリカ iPhoneアメリカ駐在生活において、スマホ(携帯電話)の利用は必要不可欠ですが、だからこそ利用方法は事前にしっかりと把握しておくことが大切です。SIMフリースマホ(携帯電話)は選択肢が広いものの、快適なスマホ環境を整えるのであれば、幅広い周波数に対応したiPhoneなどの広く普及しているスマホ(携帯端末)と、通信環境が整った大手キャリアとの契約が安心です。しかもアメスマなら、日本にいながら日本語で契約を可能ですので、アメリカでの駐在生活を控えている方は是非利用してみてください。

 

アメリカでのSIM、携帯電話(スマホ)の選択肢を比較したいという方は、別記事『アメリカSIM・携帯サービスをプロが徹底比較【2019年最新版】』がとても参考になりますので、ご参照ください。

blog-amesma for work

WRITER

KSK

アメリカで子育て奮闘中32歳のKSKです。 大学生のときペンシルベニアとハワイに留学、現在アメリカで3年くらい仕事してます。 神奈川県出身の元サーファーです。今は海がないところに住んでいるので元です。。。キャンプやBBQなど、アウトドアを中心に楽しんでいます。

USA

アメリカ駐在、SIMフリースマホを使ったオススメ節約術とは?

お友達に記事をシェア

USA

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。