【携帯料金】アメリカの通話事情と国際電話料金を抑える方法とは?

アメリカのスマホ

電卓を片手に持つ日本人女性

日本とアメリカの文化や生活スタイルは、あらゆる場面で違いを発見することができます。電話事情もその一つで、日本にはない課金システムが採用されていたりします。今回はアメリカの電話事情や、国際電話料金を抑えるためのコツをご紹介いたします。

 

アメリカ国内の携帯電話事情

携帯電話を持つ外国人の男女

こちらではアメリカで導入されている課金システムとその内容についてご紹介します。

 

・課金システム

システム①「州またぎ料金」

アメリカでは州を超えた通話には一般の通信料に加え、「Long Distance」という州外電話料金が発生します。加入している携帯電話の通信キャリアによってはこのプランに加入していないと州を超えた電話ができない場合もあります。

 

システム②「受信時にも課金」

最近では通話し放題がだいぶ一般的になってきましたが、一昔前まではアメリカ国内では日本とは違い、電話をかけた方だけではなく受信した方も料金を払うという制度を導入していました。日本と同じような感覚で電話しているといつの間にか、電話代も高騰してしまいますし、間違い電話などでももちろん、着信費用がかかってしまいますので、必要な連絡以外は取らないといった対応をする必要がありました。しかし、なぜアメリカではこのような課金システムがとられていたのでしょうか。実はこの2つの課金システムは原因が同じなのです。

 

・携帯と固定の区別がない!?

アメリカでは日本とは違い、携帯電話と固定電話の区別がされていません。よって、携帯電話からかけているのか、固定電話でかけているのかの区別をつけることができないのです。このような要因があるため、アメリカでは発信者と受信者の2者で通話料金を折半するという方法をとることになりました。アメリカの携帯電話に必ず市外局番がつくのも、固定電話との区別がつかないからという理由です。

 

アメリカ⇔日本間の国際電話

スマホで通話するアメリカ人

では、アメリカと日本で通話をした場合はどのような料金が発生するのでしょうか。こちらで例をあげ、通話料金を抑える方法をお教えします。

 

・1通話あたりの料金シミュレーション

総務省の調査では平成26年度の国際電話利用者の1回あたりの通話時間の平均は3分49秒です。この平均時間をもとに、シミュレーションをしてみましょう。国別の国際電話の平均価格相場はアメリカの場合、携帯やスマホからかけると1分あたり63.3円になります。よって3.49×63.3円=220.917円となり、およそ221円になりました。固定電話の場合は1分あたり170円になりますので、固定電話からかけた場合は3.49×170円=593.3円となり、携帯電話からかけるよりも372.383円も高くなります。

 

・通話料金を抑える方法

短い通話を数回するだけならそれほど通話料金はかかりませんが、重要な会話などで長電話をしてしまうとかなり高額な通話料金が発生してしまいます。では、どうすれば安くアメリカと日本で国際電話をすることができるのでしょうか。

 

①安い国際電話を利用する(「Telink」)

安い国際電話のサービスに「Telink」というものがあります。これはNet293という企業が提供しているサービスで、スマホアプリもあります。ただし「Telink国際電話」とは異なり、「Telink」アプリでの通話はお得に利用することができません。国際電話をする時は、「Telink国際電話」を利用するようにしましょう。「Telink国際電話」はアメリカやカナダを始めとした18か国に1分1円で通話することができるんです。これは非常にお得です。Telinkはアメリカだけでなく、中国や台湾、香港、シンガポールやロシア、ノルウェー、デンマーク、イギリス、フランスなどの18か国にも対応しています。

 

②無料通話を利用する(「LINE」、「Skype」など)

LINEはIP電話(インターネット回線を利用した電話のこと)同士でなければ利用できませんが、LINEを使えば無料で電話をかけることができます。場合によってはカメラ通話もできますので、相手の顔を見て話がしたいという方には非常に嬉しいですね。ラインは41か国で配信されていますので、アメリカ以外にも友達がいるという方にはとても便利です。Skypeであればスマホ、若しくはパソコンからであればカメラ通話をすることもできます。Skypeは世界的にも利用者が多いので、相手がSkypeを利用している場合は無料で利用できます。ただし相手がSkypeを利用していない場合はSkype内のクレジット、若しくは月額プランに加入する必要があります。

 

まとめ

スマホを触る日本人女性

日本と海外では様々な文化に違いがあり、それは電話にも当てはまります。上手にお得なサービスを利用して、国際電話の費用を抑えましょう!

 

【アメリカへの長期滞在(駐在や留学など)はアメスマがおすすめ!】

アメスマは日本にいる間にアメリカ現地SIMと、SIMフリースマホを購入できる便利なサイトです。通話、SMS、4G通信使い放題プランを月額$39.99でご提供しております。詳しくはアメスマのホームページをご覧ください。

 

blog-banner-general

WRITER

Chihiro

東京都多摩市出身。桐光学園高校、慶応義塾大学卒。カリフォルニア大学アーバイン校へ交換留学。ロサンゼルス、ニューヨーク、サンディエゴ、ダラスとアメリカでも異文化を経験しながら、アメリカ生活8年目に突入!趣味はサッカー、レストラン巡り、温泉、筋トレ、BBQ。アメリカ生活に役立つ情報、サービスをお届けしていきます!

電卓を片手に持つ日本人女性

【携帯料金】アメリカの通話事情と国際電話料金を抑える方法とは?

お友達に記事をシェア

電卓を片手に持つ日本人女性

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。