【アメリカ留学費用】1年間の留学に必要な費用と節約術をご紹介

アメリカ生活

日本円とアメリカドル

アメリカ留学したいと思っても、元気とやる気だけではできません。留学には費用がかかります。今回は1年間のアメリカ留学に必要な費用と節約のための方法についてご紹介いたします!

 

アメリカ留学(1年間)の費用

アメリカの国旗

まずはアメリカ留学1年間でかかる費用について見ていきましょう。留学に必要なのは滞在費や学費だけではありません。これからアメリカ留学を目指して貯金をしようと考えている方はこちらの費用を目安にしてください。

 

・費用の目安

居住費、学費、渡航費、生活費など最低限の金額を計算して1年間にかかる費用は150万円~620万円がかかると言われています。費用の幅がかなり大きいと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、それは学校によって学費が異なるためです。田舎にある学校は日本と同じで物価や学費が安くなる傾向にあります。また、私立と公立でも学費は変わってきます。しかし英語を学ぼうと思うと、現地の大学に通うのであれば、300万円程度×滞在予定の年数分は余裕を見て貯めておいた方が良いでしょう。一方、アメリカの語学学校での年間の学費相場は150万円程度です。ただ、語学学校によって学費の幅がかなりあり、少ない所では年間100万円台〜ですが、高いところでは500万円を超える語学学校もあります。目的と準備できるお金をよく考えてから留学生活を計画するようにしましょう。

 

・出発前に必要な費用

出発前には渡航費、海外留学保険、ビザ申請などが必要になってきます。まず渡航費は往復で安くても10万円程度、高い場合は倍近い値段の20万円台になってしまいます。保険は内容によって金額が異なりますが、それなりにしっかりしたサービスを受けようと思うと20万円~30万円くらいのものに入っておいた方が良いでしょう。アメリカは医療費が高額で、裁判の件数も非常に多いので、できるだけ個人賠償の保証がついているものを選ぶことをおすすめします。パスポートとビザの申請には合計で5万円~10万円程度必要になります。パスポートの価格は有効期限と、パスポートを作る時の年齢で費用が異なります。20歳以上の方は10年間有効なパスポートが割安なので、もし留学が終わってもまたアメリカを含む外国に行く可能性があるという人は10年間有効なパスポートを作っておくといいでしょう。

 

・留学中に必要な費用

留学中には学費の他に、居住費、生活費、交通費などが必要になります。アメリカでは都心部に行くと、日本と同じで家賃は高くなります。郊外に行けば月3万円程度で借りられる場所もあります。ただ、値段だけで決めてしまうと治安の悪い場所であったりするので、その場所が安全かどうかしっかりその地域の治安についても調べておいた方がいいでしょう。ホームステイを利用する場合は光熱費・食費込みで月10万円程度が相場になります。

 

留学費を節約するためコツ!

貯金している様子

アメリカは留学費用が高いです。しかし、アメリカで学ぶことは将来への投資にも繋がりますので、非常にメリットも大きくなります。しかし予算があまり組めないという方には最初の出費が非常に大きいので敷居が高く感じてしまいますよね。そこで、どうすれば少しでも節約することができるのかをご紹介します。

 

・航空券

航空券は格安航空券を利用すれば2ヶ月以上前に予約することで片道7万円台から利用することができます。特に繁忙期の年末年始やゴールデンウィークなどを避けることで安い航空券を手に入れやすくなります。場所や時期によって航空券の値段は異なりますので、できるだけ安い期間に早めに予約を入れてしまいましょう。

 

・学費

学費はできるだけ長期の分をまとめて支払うと割安にすることができます。授業や学校の制度によって学費は左右されるので、自分の目的を明確にして学校を選び、諦められる部分は諦めるという潔い決断も重要です。また、大学が提供する交換留学のプログラムなどを利用すれば、現地での学費はかからないケースもありますので、大学生の方は交換留学という選択肢がないかどうか、検討してみましょう。その他、海外留学の奨学金なども政府関連機関から提供されていますので、奨学金についてもリサーチしていることをオススメします。

 

・家賃

もっとも家賃を抑える方法はアパートをシェアするという方法です。人数が多いとその分費用が抑えられますが、価格だけを重視していると、同居人や隣人の態度が悪いということに陥る可能性があります。住む場所は安全性と利便性を考慮して決めましょう。

 

・生活費

アメリカのファーストフードなどは1000円程度で済みますが、カジュアルレストランではおよそ2000円前後、高級レストランでは5000円近くする場合があります。ハンバーガー類であってもフードトラックでは1500円ほどかかる地域もあります。更に飲食代に加え、アメリカではチップも必要になります。外食は日本に比べると割高なので、スーパーマーケットなどで安い食材を買って友人たちと一緒に食事を作れば安上がりで楽しい時間を過ごすことができますよ。

 

blog-banner-general

先輩留学生の節約術をご紹介

スマホ片手に道を歩く女性

実際に留学を経験した方はどうやって節約をしていたのでしょうか?その節約方法をお教えします!

 

「1回の食事を2度に分ける」

アメリカのテイクアウトはサイズが非常に大きいため、日本人が最初から食べ切ることは難しいでしょう。そこで、節約と太ることを防止することを兼ねて、テイクアウトの食事は2回分の食事に分けて食べるといいでしょう。ここではわかりやすいようにテイクアウトと表現しましたが、アメリカでは持ち帰ることを「To Go」と 呼びます。和製英語のテイクアウトはアメリカでは通じませんので、ご注意ください。また、レストランで食べきれなかった食事を包んで持って帰る際にも、To Goしたいと伝えると、持ち帰り用の箱やバッグをもらえます。

 

「ルームシェアがおすすめ」

都市や学校によって異なりますが、田舎の場合は早く学生寮から引っ越して友人と一緒にオフキャンパスの一戸建てを借りた方が安くつくうえ、生活もしやすく、住み心地がいいという意見もありました。

 

「節約を楽しむ」

最初はホームステイをしていたけれど、高かったので、すぐに友人と一緒にアパートや空き部屋を借りて生活をしていたという方もいます。食洗器などの使用もなるべく控え、乾燥の時だけ使用することで光熱費を節約する方法など、色々工夫をしていたこの方は、洗濯もルームメイトと一緒に洗うなどできる限り楽しんで節約をしていたそうです。洋服や小物もディスカウントストアを利用することで、出費は最小限に抑えることができますよ。

 

まとめ

スーツケースを抱える日本人女性

アメリカ留学は得られる物も多いですが、何よりも出費が多いので留学を考えているけれど、なかなかお金の面で難しいと思っている方もおられると思います。節約をすることで出費を抑えることができますので、様々な節約方法を知って留学のプランを立ててみましょう。

 

【アメリカへの長期滞在(駐在や留学など)はアメスマがおすすめ!】

アメスマは日本にいる間にアメリカ現地SIMと、SIMフリースマホを購入できる便利なサイトです。通話、SMS、4G通信使い放題プランを月額$39.99でご提供しております。詳しくはアメスマのホームページをご覧ください。

 

blog-banner-general

WRITER

Chihiro

東京都多摩市出身。桐光学園高校、慶応義塾大学卒。カリフォルニア大学アーバイン校へ交換留学。ロサンゼルス、ニューヨーク、サンディエゴ、ダラスとアメリカでも異文化を経験しながら、アメリカ生活8年目に突入!趣味はサッカー、レストラン巡り、温泉、筋トレ、BBQ。アメリカ生活に役立つ情報、サービスをお届けしていきます!

日本円とアメリカドル

【アメリカ留学費用】1年間の留学に必要な費用と節約術をご紹介

お友達に記事をシェア

日本円とアメリカドル

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。