アメリカの通信キャリア事情

アメリカのスマホ

Amesma Banner

アメリカの通信キャリア事情

日本の通信キャリアといえば、NTTドコモ、au、ソフトバンクのビッグ3に加えた格安SIM業者ですが、アメリカも同様にビッグ4と呼ばれる通信キャリアが存在します。

blog-carriershare

最大手がVerizon、次いでAT&T、その下にT-Mobile、Sprintと続く感じです。

ビッグ4内の差が大きい

日本では今となってはドコモ、au、ソフトバンクの電波に違いはほとんどありませんが、国土がとても広いアメリカでは事情が少し異なります。VerizonとAT&Tが全米の大部分(人が住んでいる地域)をカバーしています。T-Mobileは近年4社の中で一番元気が良く、毎年契約者数を伸ばしています。カバーエリアも上位2社と比べると少し狭く感じるかもしれませんが、十分に大都市圏の人が住んでいるエリアはカバーしています。Sprintは見ての通り都市部ではそこそこ使えるけど郊外は繋がらない。都市部でもちょっと怪しいかも。。でも安い。そんな位置付けです。下のエリアカバーマップを見ると差は歴然ですね。

4キャリアのカバーエリア

せっかくのアメリカ生活、「全米中を旅したい、田舎の国立公園などにもどんどん行きたい!」という方はビッグ2がベストでしょうが、本当の田舎は結局どこも繋がらないなんてことも多いです。基本は都市部にいるので毎月の料金を抑えたい、という方は是非「アメスマ」をご検討ください。「アメスマ」は今一番勢いのあるT-Mobile回線です。またアメリカで契約するより「アメスマ」で契約する方がずっと安くなります。是非料金プランを見てみてくださいね。

Amesma Banner

WRITER

KSK

アメリカで子育て奮闘中32歳のKSKです。 大学生のときペンシルベニアとハワイに留学、現在アメリカで3年くらい仕事してます。 神奈川県出身の元サーファーです。今は海がないところに住んでいるので元です。。。キャンプやBBQなど、アウトドアを中心に楽しんでいます。

blog-carrier-eye

アメリカの通信キャリア事情

お友達に記事をシェア

blog-carrier-eye

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。