海外版iPhoneと国内版の違いは?おすすめのアメリカSIMカードもご紹介!

アメリカのスマホ

iPhoneを持った日本人女性

 

全世界で高いシェアを持つ「iPhone」。直感的に行える操作がたくさんの人々の心を掴んでいます。iPhoneは海外でも販売されていますが、実は日本国内で販売されているiPhoneと少し違うということをご存知でしょうか?今回が、iPhone海外版と日本国内版との違いは何なのかについて、調べてみました。またSIMフリーのiPhoneを購入できる場所や、SIMフリーのiPhoneで利用できるアメリカでおすすめのSIMカードもご紹介していますので、アメリカに行く予定のある人はぜひ参考にしてみてください。

 

blog-banner-general

 

海外版と国内版のiPhoneを比較!

海外版と国内版のiPhoneの違いを、価格やスペックの面からみていきましょう!

 

本体価格

iPhone-XR

本体価格は本場アメリカの方が現在の為替で計算すると数千円ほど安いようです。とはいえ、アメリカから個人輸入でiPhoneを購入し日本に取り寄せた場合、国際送料や手数料が加わります。時間と手間を考えると、結果的に日本で買った方が安くなるか、アメリカで買うのとほぼ同じくらいになると思います。

 

周波数と通信方式

携帯電話の電波塔

日本版と海外版では使われる周波数や通信方式が違います。見た目は同じiPhoneでも、受信できる周波数が合わなければ、SIMフリーであっても使えないということになります。ここに関しては、別記事『アメリカ版iPhoneは日本版と違う?米国モデルを購入し日本で使う際の注意点は?』をご参照ください。

 

blog-banner-general

 

海外版iPhoneのメリットとデメリット

アメリカのイメージ

海外版のiPhoneは日本国内のものとどこがちがうのでしょうか。メリットとデメリットを通して違いを比較してみましょう。

 

<海外版iPhoneのメリット>

①カメラのシャッター音が元々付いていない
②日本で買うより数千円安い

 

<海外版iPhoneのデメリット>

①端末によって受信できる周波数が異なり、一部使える周波数に制限がある
②技適マークがついていないものは法的には日本での利用が禁止されている
③一部アプリやサービスには非対応

※タッチ決済などの一部サービスは日本のみのサービスです。海外版iPhoneにはこのような機能はついていません。

 

日本版iPhoneのメリットとデメリット

iPhoneと地球儀

続いて、日本版iPhoneのメリットとデメリットです。

 

<日本版iPhoneのメリット>

①アメリカのSIMカードが使える
②日本の技適マークがついている
③日本の格安SIMが使える

※技適マークとは?:技適マークは電波法の基準を満たした製品であることを証明するマークです。このマークがついていない製品は日本での使用が認められず、使用した場合は違法になります。詳しくは、別記事『技適マークって何?アメリカ版iPhoneは日本で使ってはいけないの?』をご参照ください。

 

<日本版iPhoneのデメリット>

①カメラのシャッター音が消せない

※アプリなどを使えば無音でカメラを利用できるが、写真の品質が落ちる傾向にある。

 

どっちがおすすめ?

スマホを触る日本人女性

周波数や通信方式、入手方法などを総合的に考えると、日本版iPhoneの方が安心して使えるのでおすすめです。一方でカメラの音が気になるという方も多いと思います。そんな方にはアメリカ版iPhoneをアメスマで購入するのがオススメです。

 

SIMフリーのiPhoneを手に入れよう!

SIMフリーのスマホ

アメリカで日本版iPhoneを使うときは、アメリカのSIMカードを挿して使います。つまりSIMフリーでなければなりません。

 

SIMフリーiPhoneはどこで買えるの?

スマホを片手に歩く人

SIMフリーのiPhoneはどこで買えるのでしょうか、選択肢を見ていきましょう。

 

①Appleストア

アップルストアで販売されている機種は全てSIMフリー端末です。アメリカSIMカードや格安SIMを使いたい人にとってはSIMロックを解除する手間が省けます。

 

②携帯会社のショップ

携帯会社iPhoneを契約付きで購入可能ですが、購入当初はSIMロックがかかっているため、SIMロックを解除しなければなりません。SIMロック解除は携帯会社ごとに条件がありますので、ロックを解除する時は条件をクリアしているか確認しましょう。

 

③ECサイト

iPhoneは日本のECサイトでも購入できます。ECサイトで取り扱っているiPhoneはSIMロックがかかっている製品もあるので、購入前に説明をよく読みましょう。アメスマではアメリカで確実に利用できるアメリカ版iPhoneを取り扱っています。

 

④個人取引(ヤフオクなど)

YahooオークションやメルカリなどのフリマサイトでもiPhoneは販売されているようです。ただし安い値段で販売されている機種はそれなりの理由があるので、安いというだけで取引をするのは気を付けたほうが良いと思います。実際に購入してみて利用できないトラブルも少なからず発生しています。

 

中古iPhoneを買う時の注意点

考え事をする日本人女性

中古iPhoneのなかには通称「赤ロム」と呼ばれる使用不可の端末が販売されている場合があります。「赤ロム」とは、本体価格の未払いが残っているもので、使用できないよう遠隔ロックされたものです。赤ロムのチェックはIMEI(本体の識別番号)で確認できます。フリマサイトでは特に注意が必要になりますので、お気をつけください。

 

アメリカでSIMフリーiPhone使うなら

スマホで連絡する女性

アメリカでiPhoneを使おうと思っているなら、SIMフリーの日本版iPhoneを手に入れ、アメリカ用SIMカードで通信するのがスマートです。

 

アメリカ用SIMカードが便利な理由

アメリカで携帯を使う方法は、国際ローミングやレンタルWi-Fiなど色々な方法が紹介されています。しかし、国際ローミングは通信料が高い、レンタルWi-Fiは荷物になるなどの口コミもあります。

 

SIMカードならスロットに差し込むだけです。カードによってはテザリング機能も使えるのでタブレットやノートパソコンも同時に使えます。

 

①アメスマならデータ無制限プランがある

アメリカ用のSIMカードは楽天やAmazonでも購入できますが、種類がありすぎてどれが自分にふさわしいのか分かりません。そこでおすすめなのがアメスマのSIMカードです。アメスマのSIMカードは分かりやすいプランから選べて、中でもファーストプランは通話もデータも使い放題で月額料金が$39.99と日本の携帯料金の半分以下、大変お値打ちの商品です。

 

②日本語サポートがあるからアメリカ初心者も安心

個人でSIMカードを購入した場合、サポート体制が不安ではありませんか?アメスマなら日本語サポート付き!分からないことやトラブルなど、気軽に相談できます!安心してSIMカードを使うなら、プラン内容もサポートも充実したアメスマがおすすめです!

 

blog-banner-general

WRITER

Chihiro

東京都多摩市出身。桐光学園高校、慶応義塾大学卒。カリフォルニア大学アーバイン校へ交換留学。ロサンゼルス、ニューヨーク、サンディエゴ、ダラスとアメリカでも異文化を経験しながら、アメリカ生活8年目に突入!趣味はサッカー、レストラン巡り、温泉、筋トレ、BBQ。アメリカ生活に役立つ情報、サービスをお届けしていきます!

iPhoneを持った日本人女性

海外版iPhoneと国内版の違いは?おすすめのアメリカSIMカードもご紹介!

お友達に記事をシェア

iPhoneを持った日本人女性

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。