アメリカ留学中に日本の携帯・スマホをそのまま使うには?プロが5つの方法を解説!

アメリカのスマホ

自撮りをするアメリカ人女性たち

日常生活の中で欠かせないアイテムである携帯電話。もちろんアメリカ留学中も大切な家族や友達と連絡を取る手段であり、困った時のインターネット検索や普段使いのSNSを利用するためには欠かせませんよね。


しかし、今日本で使っているその携帯をそのままアメリカで使うことはできるのでしょうか?答えはイエスです。しかし、そのままでは使えないので、予め日本で準備しておかないといけないことがあります。そこで今回は、アメリカの携帯業界で5年を超えるプロが、アメリカ留学で賢く携帯電話を使う5つの方法と、期間別のオススメ利用方法、日本での準備や手順などについて、ご紹介していきます。


アメリカ留学で携帯電話を使う5つの方法

アメリカの国旗

まずはアメリカ留学で携帯電話を使うための方法が大きく分けて5つありますので、ご紹介していきます。

 

1.日本で契約中のスマホとプランで乗り切る

一番簡単な方法は、現在日本で使っているスマホの契約を残して、アメリカ留学中にそのまま使う方法です。アメリカ留学用に新たにスマホ端末やプリペイドSIMカードを買わずに済みます。しかしこの方法には大きなデメリットがあります。日本の携帯代と国際ローミングの料金がダブルで発生してしまい、料金がとても高額になります。1ヶ月で数万円かかってしまうので、あまり賢い使い方とは言えません。

 

ソフトバンクユーザーには朗報で、iPhoneを契約している場合は、アメリカ放題というサービスがあり、アメリカの大手通信キャリアのSprint(スプリント)の電波を無料で使用できます。2019年10月現在、アメリカ放題は無料のキャンペーン期間なので、日本で普通にソフトバンクの料金を払うのみでOKです。しかし、うっかり他の会社の電波を使った途端(実際には意図せずとも勝手に電波を拾ってしまうことがあります)、国際ローミング料金が発生してしまう恐れがあります。また、Sprint(スプリント)はアメリカでは電波が一番良くない会社として知られていて、繋がらない地域も多いです。

 

また、日本の契約をそのまま使うということ=日本の携帯電話番号を使うということなので、アメリカで共に過ごす友達やホストファミリー等とのやりとりは国際電話や国際SMSという形になってしまいます。相手方が国際料金を負担しなければならないケースもあるので、留学生活が長くなる場合には、このやり方はあまり適してないと言えるでしょう。アメリカで過ごす以上は、アメリカの電話番号を持っておく方が得策です。

 

2.日本で契約中のスマホで現地Wi-Fiを利用する

アメリカのカフェやレストランではフリーWi-Fiが利用できるところが多くあります。ただしニューヨークやロサンゼルスのような都市部では使えても、郊外では使えない場合があるので、留学する土地のフリーWi-Fi状況を調べておく必要があります。また、スマホが生活の至る所で普及している現在、現地のフリーWi-Fiのみで生活するのは少し厳しい部分もあると思います。カフェ等の場所から外に出たら、いくら都会でもなかなかWi-Fiは使えません。土地勘があり地図も待ち合わせの連絡も不要という人ならよいですが、初めての土地、初めての海外ではちょっとハードルが高い気がするのは否めません。

 

3.プリペイド携帯を購入する

プリペイド携帯とは料金を前払いして使う携帯電話で、アメリカの長期留学者には一般的な方法です。携帯ショップや家電量販店、Walmart, Target等大手スーパーで購入することができます。通話機能のみの機種(主にガラケー)であれば40ドルほどで手に入ります。インターネットはノートパソコンなどを利用し、通話は携帯を使うという方法です。

 

4.日本で契約中のスマホで現地SIMカードを利用する

今、アメリカへ留学する日本人留学生の間で爆発的に普及しているのがこの方法です。アメリカで販売しているSIMカードを購入して、留学期間中のみ使用するため、無駄なく効率的にスマートフォンを留学中に使うことができます。大手通信会社(AT&T, Verizon, T-Mobile等)であれば通信の質も安定しており、利用料金も日本と同程度となります。ただし、アメリカに留学する前に手持ちスマホのSIMロックを解除するか、SIMフリースマホを手に入れる必要があります。また、SIMフリーと言ってもアメリカで何でも使えるわけではありません。特にアンドロイドユーザは慎重になる必要があります。日本で発売されているアンドロイドはアメリカの電波(周波数帯)に対応している機種が少なく、実際ほとんど使用することができないのが現実です。後ほど、このやり方に関する詳しい説明と手順をご紹介します。

 

参考記事:『プリペイドSIMのメリットデメリット、アメリカでの調達方法ご紹介


参考記事:『アメリカSIM・スマホ、渡米後に現地調達するにはどうすればよい?

 

5.アメリカの携帯会社で契約する

英語力に自信があるなら、アメリカの携帯会社で携帯、スマホの契約をしてみてはいかがでしょうか。身分証やクレジットカード、ソーシャルセキュリティーナンバーなど揃えるべき書類は多いですが、社会的信用度が上がります。
必要書類等、詳細はこちらの記事で詳しくご説明しておりますのでご覧ください。

 

参考記事:『アメリカで携帯電話を契約する時に必要となる保証金や必要書類とは?

 

プロがオススメするアメリカ留学での携帯利用方法

貯金している様子

前章でご説明した5つの方法のうち、筆者がオススメするのは前章でご紹介した「4.日本で契約中のスマホで現地SIMカードを利用する」方法です。以下、この方法が一番おすすめの理由をご紹介していきます。

 

・どこでもインターネットが使える

インターネットがこれだけ普及した世の中で、特定のエリアでしかインターネットを利用できないWi-Fiだけでやりくりするのは難しく、とても不便な生活を強いられます。留学生活を快適にしていくためにも、アメリカ現地で利用できるSIMカードを手に入れて生活するのがベストです。

 

・アメリカの電話番号が手に入る

アメリカ人はSMS(アメリカではTextと呼ばれるのが一般的)を普段の連絡で良く使います。LINEなどのメッセンジャーアプリはあまりメジャーではなく、学生も社会人も決まってテキストメッセージです。アメリカの電話番号があれば、スムーズにアメリカ人の友人などと連絡が取れますが、現地の電話番号がないと連絡が不便です。前述したソフトバンクのアメリカ放題では現地の電話番号が発行されないためSMSが使えず不便に感じ、結局アメリカの電話番号を取得するために新たに契約をせざるを得なかった、という話もよく聞きます。また、銀行口座を開いたり、アプリの二段階認証なども電話番号で行われることが多くなってきましたので、アメリカの電話番号を持つことはマストに近いと言えます。

 

・コストパフォーマンスがよい

新たにスマホを買い替える必要もなく、国際ローミングなど高額になるリスクもなく、必要な機能(インターネット、テキスト)が全て使えるので、リーズナブルに通信費を済ませることができます。


プロがおすすめする現地SIMサービス

トラベルSIM

現地SIMサービスのうち、プロがおすすめするサービスがアメスマです。
生活に必須なインターネット通信、アメリカの電話番号が使える上に、コストパフォーマンスがとてもよい日系通信サービスです。最もおすすめのポイントは価格が安いこと!アメリカ国内電話、SMSし放題、高速データ通信無制限で月々の料金は$39.99と、大手通信キャリアの約半額で済みます。月額料金が安いため、格安SIMのように見えますが、回線はアメリカの大手通信キャリアのT-Mobile純正回線を使用しているため、速度も安定しています。テザリングもできますし、オプションで国際電話も利用可能です。さらに、日系通信サービス会社なので、購入前~購入後まで、安心の日本語サポートを受けることができます。
アメリカ現地SIMカードはアメスマ一択と言えるのではないでしょうか。

 

blog-banner-general

アメスマ含め、現地のSIMカードを使うために日本で準備すべきこと!

スマホ片手に道を歩く女性

お勧めした方法、「日本の携帯でアメリカ現地のSIMカードを利用する」ためには、日本でちょっとした準備をしておく必要があります。この章では渡米する前に日本でやっておくべき3つのことをご紹介します。日本を出る前に必ず実施しておきましょう。

 

①アメリカ現地SIMの入手とスマホの周波数確認

まずは現地携帯ショップや家電量販店、スーパー等で、アメリカ現地で利用できるSIMカードを探しましょう。

 

次に確認しなくてはいけないのが、日本でお使いのスマホ(アメリカ留学で使いたいスマホ)が利用予定SIMカードの電波(周波数)に対応しているかどうかです。
アメリカの通信キャリアと対応周波数についてはこちらのサイトをご参考ください。アメスマの場合、iPhoneユーザーの方は、iPhone 6S(iPhone SE)以降の端末であれば、利用可能です。注意しなくてはいけないのが、Androidユーザーです。スマホにはiPhoneとアンドロイドスマホがありますが、アンドロイドスマホはアメリカの通信会社が提供する電波(周波数帯)をキャッチできない可能性が高いです。日本で販売されている端末は、日本用に作られているので海外の電波(周波数帯)までは考慮されていないからです。自分のアンドロイドスマホがアメスマ(T-Mobile)の電波(周波数)に対応しているかはこちらからご確認いただけます。また、ページを確認しても良くわからないという方は、お問い合わせよりご連絡ください。

 

②アメリカで利用するスマホのSIMロック解除

上記①でご自身のスマホが利用予定SIMカードの電波(周波数)に対応している場合、次はSIMロック解除が必要になります。NTTドコモ、au、ソフトバンクで購入した携帯電話の場合、どの端末もキャリアのロックがかかっていますので、SIMロック解除をする必要があります。日本の携帯を一時利用停止、もしくは解約する前に必ずSIMロック解除を通信キャリア(NTTドコモ、au, softbankなど)にご依頼ください。手続き方法はNTTドコモauソフトバンクワイモバイルUQモバイルのホームページからご確認いただけます。格安SIMを使っている方の場合、NTTドコモなどの電話をそのまま格安SIMで利用している場合、SIMロックがかかったままの可能性もありますので、必ず解約前にロックがかかっていないか確認するようにしてください。また、先に携帯電話を解約してしまった場合、SIMロック解除を受け付けてもらえないこともあるので、日本の携帯電話を解約する前にSIMロック解除を行ってください。

 

③日本の携帯電話の解約、もしくは一時利用停止

NTTドコモ、au、ソフトバンク、もしくは日本の格安SIMと契約している日本の携帯電話を解約する場合、携帯ショップに行って解約手続きを行う必要があります。電話やインターネットでは受け付けていないので、最寄りの携帯ショップに行くようにしましょう。身分証明書、契約中の携帯電話(SIMカード)、契約時に使った印鑑(無い場合は無しでOK)を持参するようにしましょう。最近では、来店予約をしている携帯ショップもあるので、お店での待ち時間を少なくしたい場合、事前予約して携帯ショップに行くようにすると良いでしょう。

 

アメリカ留学の期間が3ヶ月未満の場合の短期となる場合、日本の携帯電話の解約をせずに、一時的に利用停止するのがオススメです。各通信キャリアの一時利用停止条件、方法は以下の通りです。

 
日本の携帯会社の一時利用停止に関する情報

 

個人的には、1年以内のアメリカへの留学であれば、再度契約するのもまた大変なので、一時利用停止するのが良いと思います。一方、アメリカ現地の大学で学位を取得する予定であれば、1年以上はアメリカに滞在することになるので、日本の携帯を解約することも考えた方が良いでしょう。


まとめ

スーツケースを抱える日本人女性

今回はアメリカ留学の前に、日本で賢く携帯電話を準備する方法をご紹介しました。5つの方法がありますが、「日本で契約中のスマホで現地SIMカードを利用する」のが最もお勧めで、現地SIMカード販売会社の中では「アメスマ」が大変お得です。ただしお使いいただくためには日本で事前準備が必要になりますのでお忘れなく。

 

アメスマ以外の選択肢も知っておきたいという方は、別記事『アメリカSIM・携帯サービスをプロが徹底比較【2019年最新版】』がとても参考になりますので、ご参照ください。

 

【アメリカへの長期滞在(駐在や留学など)はアメスマがおすすめ!】


アメスマは日本にいる間にアメリカ現地SIMと、SIMフリースマホを購入できる便利なサイトです。通話、SMS、4G通信使い放題プランを月額$39.99でご提供しております。詳しくはアメスマのホームページをご覧ください。

 

blog-banner-general

WRITER

KSK

アメリカで子育て奮闘中33歳のKSKです。 大学生のときペンシルベニアとハワイに留学、現在アメリカで3年くらい仕事してます。 神奈川県出身の元サーファーです。今は海がないところに住んでいるので元です。。。キャンプやBBQなど、アウトドアを中心に楽しんでいます。

アメリカ スマホ

アメリカ留学中に日本の携帯・スマホをそのまま使うには?プロが5つの方法を解説!

お友達に記事をシェア

アメリカ スマホ

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

アメスマの最新情報をお届けします。